一人で生きる覚悟 孤独と悲しみ

マイライフ

久しぶりに、ひどく私を落ち込ませる出来事がありました。
ひとつは「孫を抱けないまま亡くなったお母さん、可哀想だね」と言われたこと。もうひとつは「結婚はしない」と言っていた元彼(?)が、その舌の根も乾かぬうちに「再婚した」と報告してきた事です。

こうして言葉にするだけで、私の胸には重たい石が入っているような苦しさを感じます。

スポンサーリンク

「孫を抱けなかった」母は可哀想なのか

「孫を抱けないまま」発言をしたのは、私よりも年上のシングル女性です。彼女は妹に子供がいます。だから、彼女の親は「孫を抱けた」と言います。
けれど、私の弟は独身で子供はいません。

シングル同士、自分の保険の受取人をどうするかという話をした時に、彼女は「姪にしようと思うけど、一人だけを選ぶのって難しいわよね」と言うので、「私は甥も姪もいないから」と話したところ、件の発言になったのです。

彼女に悪気はなかったと思います。ごく自然に「あら、じゃあお母さんかわいそうだったわねぇ。孫を抱けないないまま死んじゃって」と言いました。

母が生きていた頃は「ウチは孫の心配までしたくないからいなくてちょうどいい」って言ってますから、と笑って答えていたのですが、その時は笑って答える事はできませんでした。

「こんな世の中だから孫の心配までしたくない、だから、いなくてよかった」
と言っていましたから、と静かに言うしかありませんでした。

けれど、彼女は追い討ちをかけるように「でも、きっと本音は孫が見たかったと思うわよ」と。

彼女は私が去年母を亡くしたことを知っています。彼女も親を亡くしています。
なのに、どうしてこんなことが言えるのだろう?と思いました。

自分でも思った以上に傷ついてしまったようで、母のことを思うと悲しくてたまりません。ごめんね、と。

同じシングルでも、甥や姪がいるシングルは、私のようにいつか「一人ぼっち」になるシングルとは、また感覚が違うのだな、と思いました。

「再婚報告」に裏切られた気持ちになる

そんな風に、落ち込んでいるところに以前交際(?)したイギリス人からメールが来ました。
彼は以下の記事に登場した、私に「もう結婚はしない」と言っていた人物です。

彼に対して、もう特別な感情は持っていませんが、とても複雑な気持ちです。
彼が他の女性と結婚したことが悲しいわけではありません。
ただ、裏切られた気がするのです。
私に対しては、結婚はしないと言い切ったのに、あっさりと「再婚」だなんて。

彼にとって私が「結婚したい」と思うほどの相手ではなかったと言われれば、そうなのでしょう。再婚した相手は「結婚はしない」と言っていた彼の考えを変えさせるほど魅力があったのだと思います。

けれど、私をあれだけ傷つけておいて、何事もなかったかのように「先月再婚したよ。僕の妻の名前は……」と幸せアピールのメールを送ってくる神経が理解出来ません。

なぜ私だけが孤独なのか?という思い

私を傷つけた相手は、みんな幸せになって行くのに、なぜ私だけが孤独なのだろうと思うと、やり切れない気持ちになります。

下の記事に登場した男性も、散々人を利用した挙句、結婚して幸せいっぱいです。

あの元夫も幸せに暮らしているらしいです。

どうして私だけが取り残されて行くのか?と思います。私はそんなにも悪い人間なのか?とも思います。

「じゃ、あなたも相手を探せばいいじゃない」と言われそうですが、私はもう婚活する気もありませんし、男性を信用することもできません。積極的に結婚したいとも思いません。
件のイギリス人に言われたある言葉が、心にザックリと刺さったままで「私は結婚する資格がない」という思いが頭から離れません。

けれど、まだどこかで、残りの人生を穏やかに過ごせる相手がいたらいいのに、と思うのも正直な気持ちです。

私は一人で過ごすことが好きですし、一人で生きる覚悟もしています。なのに、幸せそうなカップルや家族を見るとそう思ってしまいます。

「孫を抱けなくて…」発言や「再婚報告メール」が、どうしてこんなにも重苦しい影を私の中に落とすのか、と思います。

今の私は、ただ、ただ孤独なのかも知れません。
彼らを含め、周りの人は、自分たちが苦しい時に私に助けを求めます。けれど、逆の立場になった時、彼らは私に対して余計に辛くなる言葉を投げかけます。

「一体、何が辛く悲しいのか」と考えると、それは多分、誰も私の孤独や苦しみに、少しも寄り添ってくれないからだと思います。彼らは私の人生にダメ出しをし、無邪気に私を傷つけた後、自分の幸せを見せびらかして、私にも喜べと言います。

どうしたら一人で幸せに生きられるのか?

私の人生という果実は、どこをかじってもひどく苦くて酸っぱいです。隣の果実はほどよい甘みと酸味があるのに、私の果実は他の果実のすべての苦みや酸味まで引き受けてしまったようです。私の甘みは、あちら側で甘い香りを漂わせている果実に全て持っていかれたように感じます。

人生は、何もかもが公平ではありません。努力が必ずしも報われるわけでもありません。真面目に生きていても幸せになれる保証もありません。

私はこの先の人生を、どうしたら幸せに生きられるのだろう?と考えます。
周りの人と比べず、自分の中に幸せを見つけて、それを感じながら生きることができたら、それは素晴らしいでしょう。
お金はあったほうがもちろん良いですが、重要なのは心の豊かさや幸せではないかと思います。

今は、まだまだ周りの言葉や人に振り回されて、傷ついたり、辛くなったり、悲しくなったりしています。パートナーのいる人を羨ましくも思います。

けれど、この辛い時期に自分と向き合って、どう生きたいのかを自分自身に問いかけたいと思います。自分の中のドロドロとした嫌な部分も観察して、自分と向き合って、そして、その中から「幸せな生き方」を見つけられたら、と。

心の中にドーンと鎮座している重苦しいもの。思いっきり泣いてみたらすっきりするかしら?そういえば、去年の夏に母が亡くなってから、ずっと泣くのを我慢してきた気がします。

スポンサーリンク

2019年8月21日シングル, 孤独, 一人で生きる覚悟

Posted by Hana