問題を全部相手のせいにする人は、信頼できない

シングルのユウウツ


私が「この先も一人だろうなぁ」、と思う理由のひとつに「男性を信用できない」と言うことがあります。もっと細かく言うと私は「自分の男性を見る目に自信がない」のです。
2度離婚している私の事を、親しい人たちは「世の中に問題がひとつもない人はいない。でも、Hanaちゃんの最大の問題は男性を見る目がないところ」と言います。
そんなはずはない、と思っていましたが、最近はその言葉を否定する事が出来なくなってきました。確かに、私が付き合う男性には大抵、「結構な問題」があることに気付きました。

スポンサーリンク

面倒くさい男性

このところ仕事が忙しく、件の英国人の友人に連絡を取っていませんでした。たいした用事もないのに連絡して、また聞きたくもない恋人の話を聞かされるのは苦痛ですし、正直、私には時間の無駄です。気分がゆううつになる事は避けたいですし、聞きたくもない話を聞くよりも、海外ドラマを見てリラックスしたいと思っていました。

つまり、「忙しいし、疲れているし、彼と話すのは面倒くさかった」のです。
放っておくと、彼はSkypeやラインでメッセージを送って来て面倒くさいので、ラインはブロック、Skypeはサインアウトしていました。

一言だけ、「忙しくて連絡する時間がない、ごめんね」とメッセージを送っておきました。
忙しいのも、時間がないのも嘘ではありません。

すると、先日、彼からメールが来ました。一日早く配信された「どうぶつの森ポケットキャンプ」を仕事を終えた職場で同僚とインストールして楽しんでいた時でした。

ちらっと、メールを読むと「ものすごく面倒くさい」内容が延々と書かれていました。少し読んだだけで、呆れに近い怒りと疲れが私を襲いました。

僕の幸せを喜ばないのは不公平だ

彼は、私が連絡をしないのは「自分に恋人が出来て、私が落ち込んでいるから」だと思っているようです。彼との経緯は、こちらで記事にしましたが、彼は言わなくても良いことを言って、私を嫌な気分にさせました。

メールの内容は、ざくっと濃縮すると、こんな感じでした。

僕はずっと前、君に、前の離婚経験から、もう結婚はしないと言ったはずだ。
君がワークビザをとって、こちらに来て一緒に暮らせば良いと言ったけど、それに興味を示さなかったのも君だ。

なのに、僕に恋人が出来た事を喜んでくれないなんて、不公平だと思う。
僕は、君に恋人や夫が出来たら喜ぶのに。

君は大切な友達だから、僕に恋人が出来た事を喜んで欲しい。

以下、恋人とのデートの事やどう過ごしているかが続いていました……。

結婚したいなんて一度も言っていない!

私は、彼に結婚したいと言った事もないし、ワークビザで渡英する事に興味を示さなかったわけでもありません。
彼は、前回の離婚が大変だったらしく、もう「結婚」と言う責任を負いたくないのだと言いました。好きな人とは、結婚せずに一緒に暮らせばいい、と。
それは、英国籍を持つ英国人や、既に英国でキャリアを持ち自立して生活している女性なら良いでしょう。私がそうだったら、そうしても良いと思います。

けれど、現実の私は、英国で自立して生活できるだけの語学力もキャリアもありません。そもそも、私にワークビザが取れない事は、ちょっと調べれば分かる事です。たとえ結婚しても、英国の配偶者ビザを取得するのは、とても難しい状況です。

もし、私が何らかのビザで渡英しても、彼の住む田舎には私に出来る仕事はおろか、語学学校すらありません。彼は一緒に住めば、住むところはあるしサポートもすると言いましたが、私が自立できていない状況で、彼に万が一のことが起こったら、私はどうしようもなくなります。

けれど、彼は「僕と別れた時に、日本に帰るチケットとプラスアフファのお金は用意しておく」と言うだけでした。

例えば、10年後に彼が亡くなったら、60歳近くなった私が英国で一人で生きられるとは思えません。日本に帰国しても、そこには、仕事も住むところもありません。

信頼関係がなければ、リスクは取れない

彼が、お互いに協力して不安やリスクに向き合い、それを解決する方法を真剣に考えようとしてくれたなら、私は渡英して、必死で語学を身につけて仕事も探し、自立することを前提に、彼との関係を発展させることを考えたかも知れません。

けれど、彼は自分のリスクしか考えていませんでした。
一緒に住んで、私たちの関係が悪くなったら「簡単に別れられる」、そんな関係を彼は望んでいました。そんなところに、信頼関係を築けません。
だから、私は彼とは友達以上にはなれないし、渡英もしないと言ったのです。「簡単に捨てられる」状態で、仕事を辞め、持っている殆どのものを処分して友人たちと別れ、年老いた両親を残して、日本を去るなど出来るはずがありません。

そもそも、私たちは恋人同士ではありませんでした。友人以上恋人未満という時に、この事を話し合ったのです。お互いに、パートナーに対してどんな理想があるのか、どんな関係を作りたいのかを確認したのです。

「僕は悪くない、元妻が全部悪い」

私は彼と結婚したいと言った事もありませんし、私以外の女性と交際する事をダメだと言った事もありません。
けれど、彼の頭の中では、私が結婚したくない彼に無理に結婚を迫り、自分の好意(英国で暮らそう)を踏みにじったくせに「僕の幸せを喜ばないなんて不公平」となっているようです。

一体、どうしたらそんな事になるのか不思議でたまりません。

以前、彼が離婚した時の事を少し話してくれた事がありました。色々と妻の落ち度を話した後に「僕は悪くない、元妻が全部悪い」と言いました。
私は、その言葉がずっと引っかかっていました。暴力などのやむを得ない事情を除いて、離婚の原因は一方が100%悪いということはないと思っています。
一方的に離婚を言い渡された私も、元夫だけが悪いとは思っていません。私にも問題があったと思っています。

「僕は悪くない、みんな相手のせい」そう言える性格が、離婚に至ったのだと思います。何か問題が起これば、悪いのは相手のせい、自分じゃない、と言うのです。そして、この手のタイプは自分が正しいと信じて疑いません。

私は、まだ彼に返信をしていません。返信をするのすら面倒くさいのです。何を言っても、また彼は「自分中心」の返信を延々と書いて送ってくるだけです。

あのメールは、見なかった事にしよう、と思ってしまいます。

スポンサーリンク

婚活, シングル, 友達

Posted by Hana