辛いことの後には辛いこと 私の人生罰ゲーム?と感じる時

シングルのユウウツ


時々、「不幸の後には幸せがくる」とか「辛いことの後には幸せがくる」と言う言葉を聞くことがあります。果たして本当にそうなのでしょうか?
私の知人にも、とても辛い別れを経験した後、幸せな結婚をして豊かで充実した人生を過ごしている人がいます。確かに、周囲の声を聞いてみると、「辛いことの後に幸せ」がやって来ているようです。「愛する人と経済的にも精神的にも豊かな人生をすごす」と言うことを幸せと定義するなら、彼女たちにとって、その言葉は本当のことだったと言えます。

スポンサーリンク

私の人生は罰ゲームなのか

私も辛い離婚をした後に、「次はいいことがあるよ」と慰められましたが、残念ながら「辛いことの後には辛いこと」しかやって来ていません。
どうやら、人生にはアタリとハズレがあるようです。(今のところ、私の人生は、ややハズレ…💧)

世の中には「ほとんどの人が手にできるもの」があります。結婚して家庭を持つことも、そのひとつでしょう。
私は、大多数の人が当たり前のように手にする幸せを、手にすることはできませんでした。自分も幸せになれると思った時、それを手にしたと思った時、突然それは私から取り上げられたように思います。

努力してそれを手に入れたと思った幸せが、あっという間に消え去ってしまったのは何故なのだろうと思います。
私は一生、孤独と向き合い、周囲の人の幸せを見せつけられながら生きなければならないほど、悪い人間なのだろうかと思います。

私を騙した人や、利用した人たちが幸せに暮らしているのを見ると、

私の人生は罰ゲームなのか?😑

と感じます。

苦痛でしかない 家族の話題

どの職場でも、同世代以降の人たちの会話は、家族や夫、子供の話です。それを話す彼女たちには、悪気はありません。大多数の人が家庭を持っている現実では、そんな会話は当たり前のことだからです。

家族旅行の計画や、パートナーとの外出、子供達のこと、果ては孫のこと……。

それらを話す時の彼女たちは、みんな幸せそうです。愚痴すら、楽しそうに話すのです。
毎日、それは繰り返され、私には苦痛です。
子供の記念日の写真や、家族旅行、夫婦旅行の写真を見せられれば、笑顔で感想などを言わなければなりません。

若い頃なら、「いいなぁ、いつか私も」なんて思いながら、楽しく話に参加したり、写真を見たりできたのでしょうが、今は「孤独が身にしみる」だけです。

あぁ、私には一生やって来ないものだな〜、と。

生活していくために、複数の職場に行っていますが、どこも同じです。男性が多い職場も、話題は妻や孫。どうして、みんな自分の生活のことを話したいんだろう、と疑問にすらなります。

周りの人が持っている、豊かな経済力、夫(妻)、子供、車、家。私は、そのなかのひとつも持っていません。毎日、私は1日の中で、それを思い知らされるのです。

できれば、引きこもって仕事ができたらいのに、と思ってしまうほどです。

日々の中に、小さな幸せや嬉しいことはあるのに、「幸せ家族の話」は、私の小さな幸せを吹き飛ばしてしまうのが情けないところです💦

辛いことの後に心穏やかな日々

残りの人生を一人で生きる覚悟をしたとはいえ、その気持ちを調えていくのはとても難しいです。いかに、孤独と上手く付き合うか、どうやって前向きに人生を考えていくのか、それが今の課題です。

収入を増やして安定させること、そして、前向きで強い精神力を持つこと!
アスファルトの下からでも生えてくる雑草のように強くなりたい、そんなふうに思います。

「辛いことの後に幸せがやってくる」ことは望めなくとも、「辛いことの後に心穏やかな日々」がやって来ることを、私は望んでいます。
大きな不安なく暮らしていける経済力と、たとえ孤独でも心の中がじんわりと暖かい、そして「一人の人生も悪くはないなぁ」と笑顔で過ごせる毎日です。

猫と暮らせるアパートに引っ越して、猫とのんびり穏やかに暮らす✨ のが、最近の私の老後の夢だったりします。

スポンサーリンク

シングル, 孤独

Posted by Hana