非正規雇用シングル女性 親と同居と1人暮らしの温度差

シングルのユウウツ

遠くを見つめる猫

非正規雇用の中高年シングル女性の危機感にも、温度差があるな、と感じた記事がありました。親と同居して手取り12万、親に弁当を作ってもらうのが負い目に感じると言う内容から始まるのですが、何とも言えない違和感を覚えました。

えっ?その程度の負い目を新聞社が記事にするの?と。

人の悩みは人それぞれで、自立したことのない女性にとっては大きな悩みなのかも知れませんが、こんな甘っちょろい考えのシングルを取り上げるから、余計に肩身が狭くなるのだ、と感じずにいられませんでした。

スポンサーリンク

月収12万で親と同居の悩み

負い目になっていると言うお弁当は、非正規になった29歳の頃から彼女の母親が「お弁当を作るから貯金にまわせ」と作りはじめたそうです。いらないと言っても作ってくれる、と悩んでいるようですが、それならばなぜ自分で作らないのか?と思います。

お弁当を買うから、と言っても母親が作り続けるのは、娘の将来を案じて「少しでも蓄えを」と思っているからでしょう。おにぎりなど簡単なお弁当を自分で作るから、と言えば「負い目」は解消されるのに、なぜそれをしないのか不思議でたまりません。

記事の内容から、彼女が家賃や食費を家に入れていると思えません。お弁当を自分で作るという発想すらないところから、もしかすると家事も全て母親任せで何も出来ないのかしら?なんて思ってしまいます。

自立したいけれど、12万円の月収ではそれもできない、パートナーがいないと「半人前」と感じるようになった、経験不足や資格がなくて正社員になれなかった、半人前と感じる現実から逃げて、休日は眠って過ごしている……。

1人飲みで知り合った友人もたくさんいるそうで、決して孤独を感じないと言う一方、老後を考えると経済力のない自分が、自分を慕ってくれる甥や姪に迷惑をかけると思うと、それがつらい、と。

なんだか、甘い。全てが甘い。

「甥や姪に迷惑をかけたくない」ではなく「甥や姪に迷惑をかけると思う」は大きく違います。
彼女には、全てが他人任せで、自分から何とかしようと言う努力や行動が見受けられないのです。

自立出来ないのは努力や行動をしないから

世の中には月収12万で1人暮らしをしている同世代の女性もいます。彼女の場合は「できない」のではなく、やろうとしない、自立する努力をしていないように感じます。

たとえ失業しても、住む家はあるし食べるのにも困らない、だから現状を良くしようという努力もしないのではないでしょうか?

現実逃避して眠って過ごす暇があるなら、資格を取る勉強をしたり副業をすることも出来るはずです。
シングルワークで食って行けなければ、ダブルワークなりトリプルワークなりで生活しているシングルは、私を含めていくらでもいます。それはシングルに限ったことではありません。家族を養うためにダブルワークをしている人もいます。

けれど、10年間婚活を続けていると言う彼女は、「半人前なのはパートナーがいないから」と思っているようなので、「一人で自立」するのは彼女にとって「本気で考えること」ではないのかも知れません。

半人前なのは、パートナーがいないからではなく、大人の女性が自立していないからだと思うのですが……。

他力本願な印象を禁じ得ない非正規シングルを社会問題のように取り上げた記者には、もっと現実を見たら?とも言いたくなります。親と同居する非正規雇用のシグルを取り上げるなら「お弁当が負い目」のシングルではなく、親の介護などで、止むを得ず同居することになった非正規雇用シングルの不安を取り上げればよかったのです。

親の介護は私にとっても他人事ではありませんし、シングルの男性にとっても問題となることです。食うに困らない遺産でもない限り、非正規雇用のシングルは親を看取った後、生活が立ちいかなくなるのは明白です。

彼女は非正規シングル女性の中では、今のところ、ずっと恵まれている部類です。

非正規雇用シングル女性の現実

一人で暮らしている非正規雇用のシングルはダブルワーク、トリプルワークで生きている人もいます。日々の生活や将来への心配や不安も、もっともっと深刻です。現実逃避して眠っている暇などありません。毎日頑張って、今の状況をどうにかしようと努力をしているのです。

私が読んだその記事の最後は、総務省の労働力調査の結果や、非正規シングル女性に関する調査をした大学教授が「最低賃金の引き上げ、非正規単身世帯への家賃支援、最低限の年金保障をすべき」と求めた、と締めくくられていました。

手厳しい言い方ですが、ぬるま湯に浸かったような生活をして努力をしないシングルを取り上げたあとに、「最低賃金の引き上げ、非正規単身世帯への家賃支援、最低限の年金保障をすべき」と言っても、説得力がありません。

そもそも、彼女は親と同居していて「非正規単身世帯」ではありません。
この締めくくりをするならば、親と同居していない「非正規単身世帯」の女性を取り上げた方が良かったと思います。

同じ非正規雇用で低収入シングルの私でさえ、この記事にはもやっとしました。

こんなだから「好き勝手に生きているシングル」などと言われるのです。

スポンサーリンク

シングル, 貧乏, 人生

Posted by Hana