自由気ままな猫が好き いつか実現したい猫との暮らし

シングルの幸せ

猫

私は、猫が好きです。自由気ままで気まぐれなところや、猫の仕草など、とても魅力的です。「そんなに好きなら飼えば?」と言われますが、私の住むアパートは猫禁止、そして、猫を十分にケアしていくだけの環境がありません。
私が子供だった頃の田舎と違い、今の時代はペットを飼うにも、それなりの経済力が必要な気がします。

スポンサーリンク

ベッドの下の猫との出会い

田舎の実家には、雑種の犬と猫がいましたが、どちらも外飼い。番犬と出入り自由の猫、と言った具合です。当時は犬も猫もご飯は人間の残り物、猫は寒い時は部屋に入ってストーブの前で丸まっていましたが、基本的には勝手口の土間が家の中での定位置でした。(当時の古い実家は、勝手口の土間が無駄に広かった)

真っ白なその猫は、捨て猫でも譲り受けた猫でも、買って来た猫でもありませんでした。

私が中学生だったある日、自分の部屋のベッドの上で本を読んでいると、猫の鳴き声が聞こえました。外から聞こえたのかな?と思っていると、ニャーニャーと子猫のような鳴き声がずっと聞こえて来ます。

一体どこから?と耳をこらすと、それはベッドの下から聞こえてきます。

私の部屋はガレージ上の2階。あちこち開けっ放しで、猫が入ろうと思えばいくらでも入ってこられますが、人がいる部屋のベッドの下?とびっくりして、ベッドの下を覗き込むと、真っ白な子猫が1匹。

いつ、どうやって入ったのかは全くの謎です。
時々、ガレージの隅っこで野良猫が子猫を産んでいたので、そんな1匹が迷い込んでしまったのかもしれません。

つかず離れず 放し飼い猫

その日から、その猫は家に住み着きました。真っ白なのでユキオと命名。
小さなユキオは、しょっちゅう高いところに登って降りられなくなってニャーニャー鳴いていたのを覚えています。降りられることもあれば、降りられず途方に暮れているので救出したり……😅

大人になるとユキオは、自由気ままにあちらこちらを歩き回り、ご飯の時間になると帰って来て、満足すると土間で眠っていました。気が向くと撫でさせてくれたり、遊んでーとすり寄って来たり……。気まぐれで自由な猫がいるのは、私の日常でした。けれど、私が社会人になって何年かした頃、ユキオは何日たっても帰ってこなくなりました。近所を探しても見つからず、それっきりでした。

交通事故に遭ったのかも……、と心配していると、当時、同居していた祖母が「猫は自分の死ぬ時がわかる。その時は誰にも見つからないところに行って、ひっそりと死ぬから、そうかもしれないよ」と言いました。

出入り自由だったユキオ。年齢的にもおじいちゃん猫だったので、祖母の言う通りだったのかもしれません。

それから、度々遊びに来る猫は何匹かいましたが、猫を飼うことはありませんでした。

……と言っても、当時は「猫を飼う」というより「住み着いていた猫」という感じだったと思います。
田舎の実家なら、猫と暮らせるかもしれませんが、街の中、1人暮らしのアパートでは、気軽に猫を飼う事はできません。

街中では完全室内飼い。田舎の猫を見て来た私には、狭い室内で一生を終える猫が気の毒にも思えてしまいますが、テリトリーが全ての猫にとっては、そうでもないようです。猫が快適に過ごせる部屋づくりをすれば、幸せに暮らせるのだそう。さらに、外に出る猫よりも病気やケンカのリスクが少ないので長生きできるとか……。

実現したい、猫との暮らし

実家で「放し飼い」だった猫しか知らない私は、実は、室内飼いした猫のお世話やトイレのしつけ方も知りません💦 なので、猫と暮らす日を夢見て、ネットで色々と勉強してみたりしています。

「婚活して結婚する」よりも「猫との暮らし」の方が現実的な気がする私……。猫の寿命を考えると、あと5年くらいの間に、環境を整えて飼い始めないと猫より自分が先に死んでしまうことになります。

なんとか、5年以内に収入をアップさせて猫との暮らしを実現させたい!と思います。がんばらねば〜!

犬好きの友人は「猫より犬の方が懐くからかわいいよ」と言いますが、私は自由で気まぐれな猫の方が好きです。

スポンサーリンク

シングル, 幸せ, ネコ

Posted by Hana