お正月のユウウツと新年への夢と希望

シングルのユウウツ

庭の小屋

今年もあと1日、部屋の掃除をしてすっきりと新年を迎えたいところですが、実家へ持って行くおせち作りでゆっくりする間もありません。昨日まで仕事をし、今日は洗濯と簡単な掃除、おせち作り。明日は実家に行って実家の掃除です。お正月は父方の親戚が訪ねてくるので、そのための料理やおつまみの準備も必要です。
母が亡くなった後のお正月の訪問は控えてほしい、と思いますが、どうやら父方の親族にはそんなことは関係ないようです。

スポンサーリンク

お正月のユウウツ

毎年、父の親族をおもてなしするのは私と母の役目でした。お茶を出し、お酒を出し、料理を出し……。帰りには手土産を渡し、です。よその家庭がどうなっているのか知りませんが、私の実家はこんな具合です。今年は、それを私一人でしなければなりません。

考えただけでユウウツになります😱

手土産も私のポケットマネーで用意しなければなりません。日頃、父の世話を丸投げしている弟に「手土産代半分出して」なんて言えません💦

年明け、私の仕事は4日から始まるので、私の年末年始は「労働と親戚のおもてなし」で終わってしまいそうです。せめて週末はのんびりしよう!と心に決めています。

今年は、ちょこっとだけ収入が増えて、欲しかったものを買えたりしましたが、母が亡くなり大変な1年でもありました。私が母と最後に話したのはお盆に帰省した時でした。またお正月に会えると思っていたので、母のいないお正月を迎えることになるなど、想像すらできませんでした。

正直、母のいない実家では家事をする以外にすることがありません。ずっと父の話し相手をするのも疲れます。父と弟に気も使います。
弟が立て替えた家では、何かと遠慮しながら過ごすことになるので、リラックスもできません。
母がいたときのように、お茶を飲みながらケーキ、なんてこともできません。二人ともお菓子どころかコーヒーも飲みませんし、夜な夜な晩酌に付き合うのも、今では飲酒の習慣のない私にはちょっとキツイです😣

けれど、母がいなくなって父も寂しいだろうと思うと、帰省しないわけにはいきません。

新しい年に夢と希望を

新しい年が、どんな年になるのかわかりませんが、今年以上に頑張って仕事をして、収入を増やして、今年こそバレエを再開したいと思っています。以前のようにどこかのスタジオに所属するのではなく、オープンかカルチャーで週に1日、楽しく体を動かせたらいいな、と。
資格取得の勉強を頑張って、目標を達成したいとも思います😊

婚活を放棄した年でもある2018年。結婚することを諦めたおかげで、私は随分と心が軽くなりました。男性に自分の価値をジャッジされることも、上手くいかない婚活で自分を無価値だと感じることも無くなったからです。

一人で生きていると、嫌な思いをすることも多くあります。私は二度離婚して、貧乏で、若くもなく、男性に相手にされもしないかもしれません。けれど、他人に私の人生を「不幸」だとか「惨め」なものにされる筋合いはありません。
一人でも、貧乏でも、心は豊かに素敵な人生(ビンボーライフ)を生きたいと思います✨

自分を幸せにするのは、他の誰かではなく、自分自身!

2019年が、今までの努力が実を結び、素敵な花が咲かせられる年になりますように!💕

スポンサーリンク

シングル, 幸せ

Posted by Hana