1人で生きる覚悟 孤独は続くよどこまでも

マイライフ

海

久しぶりにテレビを見たら、バレンタインデーのせいか、どのチャンネルも幸せそうなカップルやロマンチックな恋の話ばかりでした。1人で生きる覚悟はしているものの、なんだかものすごく寂しい気持ちになってしまいました。
私の心の中にあるものは「結局、私を愛してくれる人はいなかった」という思いです。私の身には、テレビに登場する人たちのような奇跡も起こらないし、心から愛してくれる人もいない。そう思うと「人生はなんて不公平なんだ」とお決まりの愚痴が飛び出します😅

私は、ロマンチックなドラマも映画も好きではありません。自分の人生が悲しく惨めに感じられ、人生に対する不満ばかりが吹き出してしまうからです。
以前は、ロマンチックなラブコメが好きでしたが、二度目の離婚をして以来、すっかり見なくなりました。

スポンサーリンク

愛した人に「裏切られた」というトラウマ

私は、もう婚活してパートナーを探す気にもなりませんし、結婚という「賭け」をする気にもなりません。食事や趣味を一緒に楽しめる相手がいたらいいな、と思いますが、誰かの人生に責任を持つことは、もうしたくありません。
私の心の中には、また裏切られるかもしれない、また利用されるかもしれない、バツ付きの低所得の私に言いよる人なんていない、そんなネガティブな考えがぐるぐると回っています。

積極的に出会いを求める気も、結婚したいという気持ちもありません。今の私にとって、何よりも大切なのは「生き抜くために稼ぐこと」です。信用できるかどうか分からない男性のために、時間もお金も使う気はありません。
婚活する時間があるなら、資格取得の勉強をしたり、副業にエネルギーを使いたいです。

そう思っているのに、カップルの幸せを見せつけられると、とても孤独で悲しい気分になります。
をして、心の中がざわついて、辛い記憶や愛されなかった記憶ばかりが蘇ってきます。心から愛していた人に裏切られた瞬間、悲しい言葉を告げられた瞬間、辛かった日々。やっと辛い時期を乗り越えて、良い人と巡り会えたと思ったら、また裏切られたこと……。

辛い日々を乗り越えて、幸せを掴む人は多くいるのに、なぜ私は辛いことの後にも辛いことしかやってこないのだろう?と🙄

そんなことを考えて気づいたのは、どうやら、私の孤独や寂しさは、未来への不安から来るものではなく、過去から来るものだと言うことです。今までの辛かった経験が、心に突き刺さって「愛される価値のない女」と言われているような気持ちになってしまうのです。

私は、それを自分自身を呪う「呪いの言葉」と呼んでいます。
自分で自分を「価値がない」と思うのは、自分を辛くするだけで、幸せな気分から引き離していくだけです。自分自身を大切にできなければ幸せにもなれません。けれど、どうにも恋愛・結婚というカテゴリーにおいて、私は自分の「価値」を見出せません。

一体、どうしたら「女性としての自信」が持てるのでしょう?

日本社会で女性の価値は、「若さ」「既婚又はパートナーがいる」「子供が産める・いる」と言う項目で計られているような気がします。それらがなくても、美しさや特別な才能、高い経済力があれば「価値がある」と判定されます。

けれど、私のように無い無いづくしでは、「女性として価値がない」と言われてしまいます。

今の日本社会、私のような経歴の女性が「自信を持って生きる」ことは簡単ではないと感じます。心を強く持っていても、色々な場面で傷つくことは多いです。生きづらい世の中だ、と思うことは多々あります。

政治家の配慮のない発言や、結婚し家族のいる人たちの些細な一言、行政のシングルに対する冷たさ、家族こそ正義と言わんばかりのコマーシャル。
それらには、「中高年の低所得シングルは人にあらず」と言われているようにすら感じます。

なぜあの人は愛されるのに、私はダメなのだろう?

私の心の中には、どす黒い感情があります。気分が沈んでいる時は、特にそんな感情が噴き出してきます。
容姿も性格も良くない人や、人を平気で傷つける人が幸せな結婚をしていると、「どうしてあんな人が幸せで、私は辛いことばかりなの?」と思います。「こんなふうに嫌な感情を持ってしまうから、私は1人なのか?」と。

二度も離婚しているから、低所得だから、性格が可愛くないから、美人じゃないから、いくらでも私が愛されない理由はあるかもしれません。
けれど、世の中には私と同じような容姿で性格の女性が、パートナーと幸せに暮らしています。家事も仕事もせず、わがまま放題の女性が、離婚もされず幸せに暮らしています。

一体、私と彼女たちの何がそんなに違うのか?と思います。
私の何が、そんなにダメだったのだろう?と。

友人の言う通り「男性を見る目がない」のかも知れません。「ぶりっこ」出来ないからかも知れません。性格が可愛くないからかも知れません。

そもそも、こんなことを考える私の性格に問題があるのかも知れません。

でも、広い世の中、1人くらい私と人生を共にしてくれる人がいたって良かったのに、と思わずにはいられません🙄

「1人で生きる覚悟をした」と言いながら往生際が悪いですが、孤独と寂しさを感じてしまう今日この頃です。
どうやら、まだまだ「残りの人生を1人で生きなければならない」という現実を受け入れきれていないところがあるようです。まだしばらくは、ジタバタと悩むのかも知れません。

孤独は辛いです。そして、時々、孤独は心地よいです。
今は、まだ辛いことが多いですが、いつか「孤独は最高の友達」になって、心穏やかに1人の人生を生きられる日が来るのかも知れません。
そして、心に痛い「愛されなかった思い」も、「少しだけ心に痛い人生の思い出」に変わっていくかも知れません。

スポンサーリンク

シングル, 孤独, 一人で生きる覚悟

Posted by Hana