男性は「ロマンスグレー」、女性は「みっともない白髪」

ファッション・美容と健康


電車の中でもどこでも、女性の髪を見ると白髪混じりの人が殆どいないことに気づきました。60代以降と思われる女性になると、白髪混じりと言うよりも美しいグレイヘアーにしている人もいますが、やはり白髪混じりという人は殆ど見かけません。
みな、こまめに染めているのでしょうか?髪の根元が白髪と言う人すら殆ど見かけません。

スポンサーリンク

悩ましい白髪問題

私の場合は髪の毛が硬く、若い頃から白髪がありました。そのせいか、白髪に慣れきってしまっていて白髪が増え始めた40代になるまで「白髪染め」をしたことがありませんでした。
今は美容院にマメに通える余裕はありませんので、自宅染めをしていますが、1ヶ月もすると根元の白髪がかなり目立ってきます。正直なところ、毎月白髪染めをするのは面倒ですし、髪も傷むのでやりたくありません。
けれど、少しでも白髪を放置していると周りの人がうるさいのです。

白髪が汚い、老けて見える、みっともない

そんな風に言われます。

女性にとって白髪は犯罪レベル

男性の白髪は「ロマンスグレー」と言われますが、女性の場合は「汚い白髪」と言われるのは何故なのでしょう?
女性の場合は「若さ」に重きが置かれるので、「老けて見える白髪」は忌み嫌われるのかもしれません。
テレビコマーシャルでも、出がけに女性が1本の白髪を発見して、絶望的な声と表情で「えぇっ、やだっ!白髪!」と言うのです。それはまるで、この世の終わりのような演出です。
生え際の白髪一本も許されないのか……、と何とも言えない気分になってしまいます。
こんなコマーシャルが、「白髪は悪いもの」「白髪のまま外に出てはいけない」ということを刷り込んでいるようにすら思います。

白髪の1本や2本、いいじゃない、と思います。
年齢を重ねれば、白髪はあって当たり前ですし、それは隠さなければいけないものでもないと思うのです。染めて隠すのではなく白髪を生かした素敵な髪型はないのかと思います。

私の髪もいつの間にか、結構な量の白髪があります。染めずに放置したらどれくらいの白髪があるのだろうか?と思いますが、外に出て仕事をしている間は、染め続けるしかないと思っています。出向く職場によって、うるさい人がいるからです。

お気に入りのカラートリートメントLPLP

最近、私はいわゆる化学染めと言われる「白髪染め」ではなく、白髪を染める海藻系トリートメントで染めています。色々試した結果、私のお気に入りは LPLP というトリートメントです。少し手間はかかりますが、根元の白髪が目立つと言うことがありません。週に一度か二度、トリートメントを行うことで染めた色をキープできます。トリートメントを使うのをやめれば自然に色が落ちていきますので、いつか白髪染めをやめる時も便利です。

この手のものは、ドラッグストアで白髪染めブランドのものが二千円前後で売られていますが、太く硬い私の髪はほとんど染まりませんでした。柔らかく細い髪の方なら染まるのかも知れませんが……。このLPLPはやり方通りに染めれば一度で色が入って、ちょっと感動ものでした。
黒い髪にブラウンに染まった白髪が混じることで、それがいい具合にアクセントにもなっているようにも思います。

最初は乾いた髪に塗るのですが、しっかり色がついたらその後はシャンプーした後の髪にトリートメントのように塗って時間を置くだけなので、これからの季節はジップロックに入れたiPadMiniを持ち込んで、放置する間に海外ドラマを楽しむこともできます。

おかげで、最近は白髪が目立つことはなくなりましたが、それでも「女性の白髪も素敵」な時代が来ればいいのに、と思ってしまいます。
ブロンドの外国人を見ると、「白髪が目立たなくていいな〜」とつい羨ましく思います。

スポンサーリンク

白髪, ヘアカラー

Posted by Hana