手作りマスク 品薄のマスクゴムをタイツで代用

雑感

仕事が減って時間が出来たので、たまったハギレを使ってマスクを作りました。捨てるにはもったいないけれど、何を作るか迷うサイズのハギレがこんな形で活躍するなんて……、と思いつつ結構な枚数を作りました。

出来上がったものは、洗って乾かし、ジップロックに入れて保管。自分の分は数枚あれば十分だし、足りなくなればまた作れば良いので、残りは欲しいと言う友人・知人にあげようかな、と思います。

「他人の作った物は心配だからもらっても困る」と言う人もいるらしいので、要注意ですが……😅

スポンサーリンク

よく伸びるタイツがゴムの代わりに

先日、ミシン糸を買いに、いつも行く生地屋さんではなく近所の手芸屋さんに行ったのですが、そこではダブルガーゼの購入に「一人1メートル3点まで」と制限がかけられていました。相変わらずのマスク不足で手作りマスクの材料も品薄のようです。マスク用ゴムに至ってはどこの店も在庫切れのようです。そこの店でも代用品としてストレッチ性のあるポリエステル生地が売られていました。それを細長く切ってゴムの代わりにするのだそうです。(それすら品薄らしい……)

私は普通のゴムを使っていましたが、確かにその布の方があたりが柔らく良い感じです。

そして、私が今回「マスク用ゴム」の代用として使ったのが、タイツです。丈夫でよーく伸びます。タイツを1.5センチくらいの輪切りにしてゴムの代わりにしてみたらちょうど良い感じになりました✨
輪切りにしたあと、何回か引っ張って伸ばすとクルンとカールして丸い紐状になってほつれてくることもありません。マスクの両端を縫う時にこれをセットしてから縫います。

ずっと昔に色を間違えて買ったタイツ。よく伸びます!

自分用ならば、古くなったタイツや履かなくなったタイツで十分ですが、今回は人にあげるものなので、何年も履かないまま眠っていた新品を使いました。

Tシャツなど伸縮性のある生地も代用できますが、コットン100%の物は伸び切ってしまうので、化学繊維が入ったものが良いです。着古したヒー○テックも良いかもしれません。

作ったマスクは基本的に無地ですが、内側は綺麗な色や柄があるものを使いました。気持ちがどんよりしがちな状況なので、ちょっとでも明るい気持ちになればいいかな、と。リバーシブルで使えるのでひっくり返せば柄を表にしても使えます。

個人的には、咳やくしゃみなどがなければ、感染リスクのある場所以外ではマスクは無しでもいいのでは?と思います。誰にもマスクが十分に行き渡る状況ならば「常にマスク着用」も分かりますが……🙄

気になるトイレの手洗い

マスクは手作りも出ますが、困るのが消毒液です。家では石鹸で手洗いで良いのですが、問題なのは外出先でお手洗いに行った時です。個室の中の便座やレバーなどが、どうにも気になります。

和式があれば和式を使いますが、今はほとんどが洋式です。トイレットペーパーにスプレーして使えるように消毒液が設置されたトイレもありますが、どこのトイレにも設置されているわけではありません。職場のトイレも洋式のみで消毒液の設置はありません😣

こんな状況でなければ、それほど神経質になならないのですが(むしろほとんど気にしない😅)、便座やレバー、取っ手などには色々な菌がついています。もしも無症状で感染している人が使っていたら……、と。その逆に自分が無症状で感染していても恐ろしいです😱

今は外出しても、トイレに行かなくても済むように短時間で用事を済ませます。それでも、トイレ用の掃除シートをバッグに入れています。ポケットサイズはないので、結構かさばります。トラベル用の便座除菌スプレーを探しましたが、見つからず……。

しっかりとマスクをつけた人が、トイレでちょろちょろっと水で濡らすだけで手洗いを済ませたり、手を洗わずに出ていくのを見ると「マスクしたって意味ないよなぁ……」と思います。

私は手を洗った後にトイレの出入り口のドアにも触りたくありません。せっかく手を洗っても、適当にしか洗わなかった人や手洗いしていない人の菌が付着しているような気がします。出来れば、トイレの出口のところに消毒液を設置してくれたらなぁ、と思います。

除菌ウェットティッシュを持ち歩けば解決ですが、滅多に買えません💦

スポンサーリンク

新型コロナ, マスク

Posted by Hana