終わらないコロナの憂鬱 もはや”Go To Corona”?

雑感

このところ、ものすごい勢いで増えているコロナ感染者。毎日の感染者数を見るだけで具合が悪くなりそうです😱

こんなになっても「Go To トラベル」キャンペーンが中断される様子はありません。もはや「Go To Coroa」キャンペーンです。
名古屋に住んでいる友人が「人口密度を考えると東京より名古屋の方が怖い!」と戦々恐々としていました。友人のよると愛知県の知事は「ほとんどが無症状・軽症だから緊急事態宣言は必要ない」と言ったそうです。

あまりの危機感のなさに「バカなの?」と言いたくなります🙄

こう言った「無症状・軽症」の人が、あちこち出かけたりして感染させているのに、と。

スポンサーリンク

やる気あるの? 政府への不信感

政府や行政は、経済最優先でコロナは「他人事」と思っているのでしょうか?一般人の健康や命など経済に比べればどうでもいいと?詰め寄りたくなります。

都知事が「都独自の緊急事態宣言もあり得る」と言ったのに対し政府関係者は「勝手にすればいい」と言ったそうです。政府は、この深刻な状況に対してまるで他人事。正気か?😱 と思います。

政治家の偉い方々は安全な場所にいて、きっと何かあれば優先的にPCR検査や治療を受けられるのでしょう。そんな種類の人たちにとって、この状況は「対岸の火事」に過ぎないのかもしれません。

不評なアベノマスク再配布は断念したようですが、日本も誰でも受けたい時に何度でもPCR検査を受けられるようにして欲しいです。医療関係者の比にはなりませんが、教育関連施設で多くの若者と接触する私は、毎日本当に不安で怖いです😣

「コロナは他人事」ではない

こんな風に言ってはいけないと思うのですが、やっぱり意識の低い若者がウイルスをばら撒いていると感じてしまいます。「コロナが怖い」と言いながら「ストレス発散」「リフレッシュ」とヘラヘラしながらマスクもせずに居酒屋でワイワイやっているのです。

カフェでは小さなテーブルに向かい合わせで座り、やっぱりマスクなしでおしゃべりしていたりします。

多くの若い人たちにとって、コロナは「風邪かインフルエンザ程度のもの」という感覚で、感染の怖さよりも「自分達の楽しみ」を優先しているようです。

職場で多くの若者と接しますが、彼らは「自分はコロナを持っていない」「軽症で済むから意識してない」「自分は大丈夫」という人が多くてびっくりします😰

ふざけて、マスクを外して私に向かって咳をしてくる輩もいて、本当に怖いです。自分の行動の結果を考えろ!と厳しく注意するのですが「大袈裟!俺はコロナ持っていないし」と逆ギレします。

若い人たちにとってコロナは「楽しみを我慢するほど怖いものではない」のかも知れませんが、自分の行動の結果を考えて欲しいと思います。

……もっとも、こう言った自覚のない人は世代問わず存在していて、職場の困ったおじさんたちはマスクをせずに大声で話すし(飛沫が飛んでますよー💦)、ろくに手指消毒もしていません。

電車内でもマスクをしていない人がちらほらいたりします。(色々な事情でマスクができない人は仕方ないですが……)私の使う路線でマスクをしていないのは、若者や年配の男性が多いように感じます。特にそんな人たちがゲラゲラ笑いながら喋っていたり、咳やくしゃみをしていると、ものすごく気になります。

彼らは根拠なく「俺はコロナにはならない」とか「なったらなったで仕方ない」と思っているのかもしれませんが、どうしてこんなにも「身勝手」になれるのか謎です。

彼らは、激しく想像力が欠如しているのか、マスクを拒否するアメリカ人のように「マスクは弱さの表れ」なんて脳みそ筋肉みたいなことを思っているのでしょうか?

自分は無症状や軽症でも、自分の行動の結果で誰かが重症化したり亡くなったりする可能性があるし、若い人たちも重症化したり辛い後遺症が残ることもあります。

この感染症は、みんなが協力し合わないと収束しないと思います。

意識の低い人たちが感染を拡げる

世間では、飲食店の感染対策について話題にされますが、利用する側の意識も同じくらい重要だと思います。店舗側がどんなに対策しても、マスクなしでおしゃべりしていたら意味がありません。

都知事は、事業者向けのレインボーステッカーを持って「感染対策をしているお店を選んで」とアピールしていますが、利用する側の感染対策もしっかりアピールして欲しいです。

「店側がちゃんと(感染対策)してるから安全でしょ」なんて能天気なことを言っているおっさんもいて(マスクしてない)、その「まるで他人事」「他人任せ」の意識の低さが一番の問題だと思います。

面倒ですが、食べながらおしゃべりするならフェイスシールドを使うとか、飲んだり食べたりしている時以外は、ちゃんとマスクをする、と言う事を徹底するべきではないかと思います。

「そんな事、面倒だし楽しくない」と言う人は、今のご時世、意識が低い身勝手な人と言われても仕方ないのではないでしょうか?

責めたくなる気持ちはわかるけど差別はダメ

「コロナは怖いけど、出かけたいし。まあ、私らは風邪程度でしょ」と言って出歩いている若者を見るとイラっときます。「俺(私)はコロナにならないから大丈夫」と根拠のない発言をする年配者にもイラっときます。

アンタ達のせいで感染が拡大するんだよ!と説教したくなります。

けれど、コロナになった人を差別したり嫌がらせをするのは絶対に良くありません。感染対策を怠ったり、身勝手な行動の結果感染した人に対しては「バカ者」としか言えませんが、だからと言って誹謗中傷したり嫌がらせをして良い理由にはなりません。確かに気の緩みから感染した人たちには憤りを感じますが、彼らだって好き好んで感染したわけではないでしょう。

きっと、自分の軽はずみな行動を後悔しているはずです。

まあ、感染を知りながら感染を拡大させる行為をした困った某ユーチューバーなどは、厳罰に処して欲しいと思います。

正体がわからないウイルスへの恐怖やストレスから、感染した人を責めたくなるのだと思いますが、それでもやっぱり、感染した人を差別する風潮は何とかして欲しいと思います。どんなに気をつけて対策していたって、自分も感染するかもしれない、今はそんな状況です。

緊急事態宣言なんてもう嫌だ!と思いますが、ここまでくるとそれも致し方なし、と感じます。国としては「補償したくないから緊急事態宣言はしたくない」「経済の方が大事」なのだと思いますが、今きっちり対策をしないと、コロナが蔓延してもっと大変なことになってしまう気がします。

私の勤務先は夏休み前の講義が終了し、私は出勤不要となりました。当分はテレワークの仕事だけなので、引きこもっていよう……、と思います。

スポンサーリンク

新型コロナ

Posted by Hana