SNSの不快投稿 人を貶め続ける夫婦

SNS・ネット

SNS

ネット上の揉め事から殺人事件が起こってしまったばかりだと言うのに、SNSでは誹謗中傷投稿を続けている夫婦がいます。度々このブログに登場しているTさんと、その夫Sさん。今日も人を見下し貶める投稿をしていました。今回は、わざわざ夫のSさんが投稿した中傷投稿を、Sさんと友達になっていない私たちまで見られるように、シェアした上に更に中傷するコメントまでつけていました。思わず、「どこまで悪趣味なんだ!」と思ってしまいました。
彼らには本当に呆れかえるしかありませんが、関係者はみな無視を決め込んでいて、挑発に乗る人もいません。それが彼らには面白くないのかもしれません。

スポンサーリンク

人を貶めて優越感に浸る人たち

彼らは2人で、私たちの所属グループに対して、それはそれは上から目線で傲慢な態度です。正直なところ、Tさんだって素人に毛が生えた程度、夫のSさんに至ってはほぼ部外者レベルです。アナタたちにそこまで言われる筋合いはない、と思います。
それなのに、自分たちのことは神棚に祭り上げて(棚にあげる程度じゃ足りない……)、人を貶め、いかに自分たちが正しく素晴らしいかをプンプンと漂わせて、優越感に浸っている感じです。

夫婦なのに、わざわざ夫の投稿にコメントをつけてシェアするなど、意図的にやっているとしか思えません。2人だけの会話にとどめておけば良いものを、わざわざSNSに晒す行為は、悪趣味としか言えません😑

若者たちの世界なら、おそらく彼らの投稿に対して攻撃的なコメントや批判のコメントがついて「炎上」も致し方ないレベルです。けれど、そうならないのは、みんなが「スルーする力」を持った大人だからでしょう。そもそも、彼らに何を言っても無駄、何か言えば火に油を注ぐような事態になり、自分が理不尽な攻撃を受けることを知っているので「関わりたくない」のが正直なところだと思います。

触らぬ神に祟りあり?

もとはと言えば、Tさんが散々引っ掻き回して、自分の思い通りにならないことにぎゃあぎゃあと騒ぎ立て、挙句、腹を立てて自ら去っていたのです。そのくせ、自分は「被害者」と言う態度で、悪口をあちことで吹聴しているのです。彼らがそのターゲットにするのは、事情をよく知らない人たち。餌食になった人は彼らの言葉を信じて「こんな素晴らしい人たちを弾き出すなんて◯◯はおかしい!」となっています。

けれど、彼らもしばらくするとTさん夫婦が「なんだかおかしいぞ……」と気づいて、距離をおくようになります。それがまたTさん夫婦は面白くないのだと思います。「反省」という言葉を知らない彼らは、さらに攻撃的で傲慢になります。

私は「触らぬ神に祟りなし」のごとく避けて通っています。「万が一遭遇したら挨拶するだけの関係」に徹していても、突然、祟りがやってくるのでたまったものではありません😱

こんな夫婦が「マトモ」と言えるのか?

Tさんは自分にとって得になる人には擦り寄っていきますが、そうでない人に対しては、とても態度が悪いです。けれど、自分にとってメリットがあると思った途端に猫なで声で擦り寄っていくので、それはそれは不気味です。

夫のSさんは、いつも人を見下していて、自分の考えが常に正しいと思っています。そして、自分の意に沿わないことがあるとキレて怒鳴り散らします。穏やかに話し合えば良いことも、最初から喧嘩腰でやってくるので手に負えません。

二人とも、頑固で自己顕示欲がとても強く、傲慢に感じます。

「40歳を過ぎてシングルだったり、離婚歴があるのは問題のある人だから」と言われることがありますが、果たして、Tさんたちのような夫婦が「問題のない人」と言えるのでしょうか?
私には、問題のある人同士が夫婦になって、さらにパワーアップした「問題夫婦」になったとしか思えません。このタイプの人たちに「離婚歴のある人や、ずっと独身の人って問題がるとしか思えない」と言われるたびに、「あなたたちにだけは言われたくない」と思ってしまいます。

スポンサーリンク

SNS, 困った人たち

Posted by Hana