感染対策の温度差 気が緩みきった人たちの恐怖

雑感

感染拡大が止まらない状況の一方、この3連休の観光地を写したニュースは多くの人で混雑していて、ぞっとしてしまいました。感染が広がっている地域へ旅行する人や、その逆に感染が多い地域から旅行に出かける人……。

私はこの3連休は引きこもり状態で、コロナに対する不安や危機感には人によって随分と違うのだな、と思いました。

スポンサーリンク

うっかり応募した、シャープのマスクが当たる

さて、私は、ずっと布マスクを使ってたのですが、感染拡大しつつあるこの冬は、布マスクと不織布マスクを使い分けることにしました。さほど混み合っていないスーパーや、ちょっとした外出は布マスク、感染リスクの高い場所、人の多い場所や職場では不織布を使うことにしました。

今更使い分け?と言われそうですが、不織布マスクはかぶれやすいので、今まで使うことを躊躇していました。でも、ものすごく感染者が増えているこの冬は、そんなこと言っている場合ではないな……、と。

不織布は痒くなったりすることが多いので、せめて品質が確かな国産の物をと思い、「なかなか当たらない」と言うシャープのマスクに応募してみました。

他社に比べてお高めのシャープ製、くじ運の悪い私は多分当たらないし……、と思っていたら、なんと、一度目の応募でなぜか当選してしまい「あちゃ、当選しちゃった」と思ってしまいました😅

普通にマスクが買えるようになって、お高いシャープのマスクは競争率が下がったのかしら?なんて……。

手元に届いたシャープのマスクは、手元にある国産メーカーが中国で作ったマスクよりも、しっかりとした不織布で「お値段だけはあるのかなぁ」と言う感じです。肌触りも良い感じ……。

私が購入したのは小さめサイズ。普通サイズでは大きすぎ、小さめはちょっと小さいのですよね……。中間サイズを作ってくれないかしら〜。

50枚ずつ2パック。潰れないように厚紙トレイが入っています。
ティッシュみたいに上が左右にバリッと開くようになっていて取り出しやすい!

とは言え、50枚で4000円ほどのマスクはやっぱり「高級品」、仕事では毎日使うので、お財布事情を考えると、国内メーカーの中国工場製マスクが妥当なところかなぁ、と思います。

まだ一度しか使っていませんが、特に痒くなったりはせずつけ心地も良かったので、人の多い場所で長時間使用しなければならないときに使おうかと考えています。

完全に感染を防げるわけではありませんが、少しでも感染リスクを減らしたいところです。

店がちゃんと感染対策してくれてるから

さて、こんなに感染が増えていても、飲食店や居酒屋では、相変わらずマスクなしで会話している人が殆どです。私の親しい人たちは、コロナ以降「マスク会食」が基本なのですが、そうでない人たちは私たちのことを「大袈裟」と言います🙄

先日も情報番組で「マスク会食」について、「面倒くさい」とか「そんなの楽しくない」とコメントしていましたが、そんなこと言っている場合か?と思いました。

政府のコロナ対策は「個人が努力を」と言う感じで、もう緊急事態宣言を出して補償をしたくないんだな、と思います。

ニュースでは「店がちゃんと感染対策してくれているので安心して利用してまーす」とインタビューに答えながら、キャッキャとお喋りしながら飲み食いしている風景が映っています。

それは、コロナ以前とほとんど変わらない風景です。

私は、こんな風景を見ると、あまりに危機感が薄く他力本願という気がしてなりません。

店のスタッフはマスクして消毒して……、とできる限りの感染対策を講じている印象です。でも、いくら店が感染対策をしたって、客側がマスクもせずにおしゃべりして騒いでいたら全く意味がないと思います。

私の親しい人たちはコロナ以降、ずっと「マスク会食」ですが、そうしているのは「超少数派」のようで、ほとんどの人は着席するとマスクを外しおしゃべりを始めています。

一旦外したマスクは、店を出るまで外したまんま。まるで上着を着るようにマスクを着用して外に出ている人たちを見ると、ものすごーく違和感を感じます。

先日、友人と入った喫茶店には、6人がけの席にぎっしりとご高齢の男女が着席して食事をしていました。みなさん耳が遠いのか、結構な音量でマスクもせずに話し、アハハハと笑っていて、見ているこちらが怖くなりました😱

使用済みデンタルフロスに震え上がる

職場の一つにも、かなり衛生観念が低い人やコロナに対する危機感が低い人たちがいます。

その中で、私を震え上がらせたのは、行動や身なりが決して清潔とは言えない、かなりご年配の同僚です。

職場のデスクは決まっておらず、空いているところを使うという方式で、一つの机を二人が向かい合って使います。(このご時世なので対角線で座りますが)

その人は、一人でその机をぐちゃぐちゃに散らかして使います。先に座っている人がいてもお構いなしに、自分の荷物を相手のスペースまではみ出して使います😅

話す時や、くしゃみをする時になるとマスクを外すという謎の行動もするので、私はいつもその人に近寄らないようにしているのですが……。

そしてある日、お昼を食べた後、その人はデンタルフロスを取り出して席に座ったままフロスを始めたのです。それだけでも「やめてくれ!」と思うのに、使用済みのフロスをポイッとデスクの上に放置したのです。ティッシュの上とかではなくデスクの上に直にです。

汚れが付着したフロスを、です😱😱

私は、そのデスクから少し離れたデスクを使っていましたが、ゾッとしました。

それまでも、デスクを消毒液で拭いてから使用していましたが、それ以来さらに念入りに拭くようになってしまいました。

そんな私を見た別の同僚が(この方もご高齢)、私のことを「神経質だね」と一言。そして「マスクしろとか、自粛しろとか、厳しいことを言う人って嫌い」とノーマスクのまま話し始めました。その方に結構飛沫を飛ばして話す上に、近距離だったので「マスクしてもらえますか?」とお願いすると「でた!マスク警察!あー嫌だ、嫌だ」と大声で言う始末😱

私は「ちょっとお手洗いに」と言って、その方から離れたのですが、私にはその方の思考回路がどうにも理解できません。職場ではマスク着用が必須になっているのに、なぜ「マスク警察」とまで言われなければならないのでしょう?

その方がマスクや自粛を嫌うのは「私の周りでコロナになった人はいない。大げさだ」「コロナなんてただの風邪じゃないか」なのだそうです。

まるでトランプみたいです。世の中にはこの類の人が一定数存在するのですよね……💦

あまりに神経質になりすぎてもいけないと思いますが、気を緩めすぎてしまうとこの冬はマズいんじゃないの?と思います。経済活動を止めてしまうのはよろしくないですが、今はちょっと感染対策の方に重きを置いた方がいいのではないかなぁ、と。

私は自分に出来ることをしつつ、気を引き締めてこの冬を過ごそうと思っています。

スポンサーリンク

Posted by Hana