シングルの食生活 手抜き地味料理

シングルの幸せ

最近、食生活がだんだんと「適当」になって来たように思います。長らく一人暮らしをしていますが、生活が「貧乏モード」に突入してからは、我ながら呆れるくらいにワンパターンで代わり映えのない食生活です🙄
料理は嫌いではないのですが、時間も予算もないのでついつい「文句を言う人もいないし適当でいいや」となってしまいます。
家でのお酒をやめた今は、以前のようにお酒に合わせておつまみを作る楽しみもなくなりました。

私の定番の食材は、納豆、もやし、鶏胸肉と豚のこまぎれ肉です。他には玉ねぎや人参の定番野菜と、季節によって安く手に入る野菜が入れ替わりで投入されます。トマトやブロッコリー、レタスも定番ですが、価格によっては見送られます😅

スポンサーリンク

忙しい時の作り置き

忙しくてゆっくりと料理する時間もないので、大抵は時間が取れる週末にまとめて下ごしらえをしたり作ったりしておきます。
先日は、鶏胸肉の3枚入りが安くなっていたので、それぞれをそぎ切りにして、生姜焼き風、カレー風味、にんにく醤油に漬け込んで冷凍しました。
作る日の朝に冷蔵庫移して解凍し、フライパンで焼くだけです。忙しい日には楽チンです✨

さらに忙しい時期には、突入前の週末に作り置きするものがあります。もやしと人参、ほうれん草または小松菜のナムル、そして肉味噌です。以前は、ナムルのたれは材料によって違うもの作っていましたが、最近はすっかり手抜きで「ナムルの素」を使用。塩味と味噌味があって、最近は塩味が気に入っています。肉味噌が味濃いめなので、若干控えめの味で作っておくと良い具合になります。ご飯さえ炊いておけば、これらを乗せるだけでビビンバっぽいものが出来上がります。

温泉卵を乗せれば、見た目もちょっとリッチになります。温泉卵は、保温容器に卵と熱湯を入れて12分ほど放置で簡単にできます。

キムチやチーズなどトッピングを変えたり、炒めてチャーハン風にしたり、3日から4日は料理をしなくても食べられます。
野菜や肉など、比較的バランス良く食べられるような気がするのも、このメニューが気に入っている理由です。

一人で幸せ、な貧乏飯

忙しくて、こんな手抜きご飯を食べるたび「ああ、一人でよかった」と思ってしまいます。
結婚していた頃は、夕食のメニューに毎日頭を悩ませていましたっけ……。

思えば、私の食生活は夕食だけでなく、朝食も昼食もいたってシンプルです。(シンプルと言うと聞こえはいいですが、はっきり言えば手抜き)

朝は、コーヒーとトースト、シリアルをトッピングしたヨーグルトが定番で、時々、キウイフルーツなどが加わることもあります。
昼食は基本的に、おにぎり。暑くない季節はスープジャーに味噌汁など簡単な汁物を作って持っていきます。お気に入りの具は切り干し大根。朝作るとお昼には食べごろ状態に柔らかくなっています。

外国人の元夫と暮らしていた頃は、朝からトースト、野菜とチーズ入りのスクランブルエッグとカリカリベーコン、など結構大変でした。お昼も具沢山のサンドイッチや冷凍食品なしのお弁当など、今考えると「よく作っていたなぁ」と思います😨

私はパルメザンチーズが好きだったのですが、元夫と暮らしている間、彼が「パルメザンチーズは大嫌いだ。匂いを嗅ぐのも嫌」と言うので、使うことができませんでした😣
コーヒーも「匂いが嫌」と言うので、私はいつも換気扇の下でコーヒーを入れ、仕事部屋のドアを閉めてコーヒーを飲んでいました。けれど、カフェなどには普通に入っていたので「もしや、あれは嫌がらせだったのか😑」と思います。

なんだか、食にまつわる嫌な思い出が蘇ってきてしまいます💦

一人で暮らしていて楽なのは、何を食べようが文句を言う人がいない、と言うところです。パルメザンチーズも使い放題!コーヒーも好きなだけ飲めます。仕事で疲れてぐったりして帰った日は、納豆ご飯ですませる事もできます。ビデオゲームをしながら「ご飯まだ?お腹すいた」と言う人もいません。

シングル快適!と思う瞬間です。

スポンサーリンク

シングル, 貧乏, 料理

Posted by Hana