ネット婚活に潜むロマンス詐欺 自称イギリス人実業家(1)

婚活のユウウツ


どちらかと言うと、興味本位で手を出したネット婚活。それまで登録していた「結婚相談所」に比べるとずっとお手軽に活動できます。けれど、お手軽な分、リスクもあります。
私も何人か、胡散臭い人に遭遇しました。これは私が2015年に、最初に遭遇した「ロマンス詐欺師」の話です。

スポンサーリンク

外国人ロマンス詐欺師のトラップ

オンラインの婚活サイトには、日本女性をパートナーにしたい外国人男性も登録しています。私の場合は、離婚歴もあることから、日本人ほど離婚歴を気にしない外国人もターゲットに入れていました。

そんな中で、メッセージを送って来た東京在住の「イギリス人」がいました。ごく短いメッセージでしたが、人種を問わず短いメッセージからやり取りが始まる人もいたので、そこはあまり気にしませんでした。

けれど、今までやり取りをした外国人と比べると、なんとなくその英語の文面に違和感がありました。明らかに「怪しい」のです。プロフィールに写真が掲載されていないのも気になるところです。

違和感のある英語に好奇心が負ける

カジュアルな挨拶のあとに、「Facebook のページを見れば自分がどんな人物か分かるよ。えへへ」と言う言葉とともに、facebook検索用の名前がありました。

全部英語で書かれていますが、どう考えても50歳のイギリス人が書いた英語とは思えません。特に「えへへ」の部分がスマイリーだったり 100歩譲って “Hahaha” なら『馴れ馴れしいなぁ』と思うのでしょうが、そこには “hehehe…” と書かれていたのです。

イギリス人を含め、ネイティブの方々と何人もメールをやり取りしたことはありますが “hehehe…” なんて見たのは初めてでした。

こいつ、怪しい……

最初は無視しようと思いましたが、その胡散臭さに私の好奇心が負けてしまいました。
セキュリティのかかったブラウザを使って、facebookでメールに記されていた実業家の名前を検索してみました。

あら、まあまあ好みのタイプだわ〜

プロフィール写真を見て、そう思ってしまいました。身長が私と同じくらいですが(私がデカイ)、好みのお顔です。名前は「Baldrik Galluzzo」、仕事は石油・オイル関係のバイヤーらしいです。

写真が何枚か載っていて、そこには『いいね』している女性が何人かいました。すべて日本人女性です。彼女たちのページものぞいてみましたが、どの女性も成功している独身女性のようでした。

今思えば、彼女たちもターゲットにされた方々だったのかもしれません。

念のため、その「イギリス人実業家」の写真を画像検索にかけて見ました。特に胡散臭い情報は出て来ませんでしたが、「うーん、でも臭うなぁ……」と思いました。

そして、私は好奇心に負けて「イギリス人実業家」に、適当に捏造した自己紹介を添え短く返信をしました。万が一、怪しい人じゃなかった場合に言い訳できる程度にしたところが、きっと「怪しくない、いい人だったらいいのに」という私の願望が思いっきり入っていたと思います。

“Baldrik” からはすぐに返信があり、Skypeでチャットしようと言うものでした。そこにはSkypeのIDも添えられていました。

さ〜て、どうしたものか。

ネット婚活にはリスクもある

マッチングサイトでは、通常、サイト内のシステムでメッセージをやり取りするようになっていて、個人の情報は出さなくてもやり取りができます。まともな人であれば、何度かサイト内のシステムでメッセージをやり取りした後に、個人のメールやSkype, LINE などでやり取りをするのが普通です。

この “Baldrik” のように、すぐにサイト外での交流を求めるのは高確率で「まとも」ではありません。
私の場合は、好奇心に負けて「おかしな人」と接触することも多いのですが、メールアドレスとSkypeは捨てアカウントを使い、個人情報も捏造したものを使います。

ネットで知り合った人の中にはお友達として続いている「まっとう」な方々もいます。彼らは、最初から礼儀正しいメールを送って来ましたし、かなり長い間サイト内のシステムでやり取りをしていました。

お互い信用できそうなところで、個人のメールでやり取りを始めましたが、「好奇心は強いけれど警戒心も強い」私は、彼らにも最初は「捨てアカウント」でやり取りをしていたほどです。

ネット婚活はお手軽ですが、リスクを考えて活動しないと「詐欺」に巻き込まれることもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

2017年8月19日ロマンス詐欺, 婚活

Posted by Hana