仕事のユウウツ 空気が読めない人の破壊力

仕事

付箋だらけ

世の中には「空気が読めない」人がいます。空気が読めなくて失敗した、という経験は私もありますし、誰だってそんな「失敗」はあるのではないかと思います。
けれど、「空気が読めない」事が自覚できない人も存在します。彼らは「空気が読めなかった」事にすら気が付いていないので、常に「空気が読めない」発言や行動が続きます。
プライベートでの関係なら疎遠にする事もできますが、仕事の場合はそうする事も出来ないのでストレスが倍増します。

スポンサーリンク

「空気が読めない」自覚のない人たち

「空気が読めない」人たちの中には、空気が読めない「ふり」をしている人もいますが、私は「天然物」の空気が読めない人よりも、「ふり」をしている人の方がマシな気がします🙄
悪意なく人が傷つくことを言う人と同じで、天然の空気を読めない人の方が始末に悪いと思うのです。普通の人なら「あ、やっちゃった!」と思って、相手に謝ったり「次は気をつけよう」と思えますが、天然物の空気が読めない人は、こちらが不機嫌になっても自分の発言や行動のせいだと自覚することはありません。
「なんだか怒ってる?お肌に悪いよ」なんて更に空気が読めない発言をして、「火に油を注ぐ」事になります。

そんな「常に空気が読めない」人と仕事をする事になると、ストレスは増す一方です。

火に油を注ぐ「余計な一言」

例えば、Aさんの仕事が遅れた影響で全体に遅れが出て、同じチームのBさんとCさんは毎日残業しなければならなくなりました。Aさんの仕事が遅れた理由は「有給休暇を取って遊びに行っていたから」です。
本人は「出来ると思ったけど、出来なかったぁ。テヘッ」と悪びれる様子もありません。BさんとCさんは態度には出しませんが「怒ってもしょうがない」と諦め気味です。

連日の残業でみんな疲れていますが、納期に間に合わせなければならないので休日出勤までして頑張っています。Aさんはと言うと、「手伝い」はするものの、まるで他人事のように「みんな休日出勤までして、忙しそうだね。私はプライベートを大事にしたいから休日出勤はしない主義なんだ」とケロッとして言います。その一言に、周りの空気が凍りついた事に、本人は全く気づいていません。

そして、定時になるとAさんは「じゃ、お先にー。私はこれからスパでのんびりしてきまーす。みなさんも無理しないで下さねぇ」と言って帰って行きました。

仕事中ものんびりしてるのに、それ以上どうのんびりするんだ?
と、つっこみたくなる余計な一言。

無理してんのはアンタのせいだってわかってんの?
と、火に油を注ぐだけの余計な一言。

「みなさん、私のせいでご迷惑おかけして申し訳ありません」なんて気持ちは1ミクロンもないようです。

……ちょっと大げさにストーリーをつくましたが、実際に、このような人は私の周りに存在しています。周囲の人は皮肉を込めて「あの人は超天然だから」とか「天真爛漫すぎるよね」と彼らを表現します。

心の広い人は、そんな彼らに耐えられるのかもしれませんが、私には無理です。
私にとってこの類の人は

完全にアウト

です。

けれど、いちいちイラっとしていると、ストレスになるので、最近は「見なかった・聞かなかった」事にして完全にスルーします。
空気が読めなくても責任感のある人なら、仕事を任せますが、空気も読めず責任感もない人は「いないもの」とみなします。仕事は振りますが、倍以上の作業時間を考慮した上で出来なかった場合の対処もしておきます。
このタイプの人は、余計なことをして仕事を増やしてくれる事もあるので、正直、めんどくさいです😑

身に付けたい「スルースキル」

自覚がない空気を読めない人に限って、空気を読んでいる人に対して「考えすぎ」「あんなに気を使うから疲れるんだよ」などと言います。彼らから見ると私は「神経質で完全主義だから疲れる」のだそうです。

そりゃ、アンタくらい鈍感で空気が読めなきゃ、言いたい放題で楽だよね
なんて思ってしまいます。

そんな人たちは、子供の頃からちやほやされ、他人の気持ちを考えるだとか、空気を読むということを学ばずに大人になったのかも知れません。
周りに迷惑をかけたり、不快な思いをさせている本人は、いたって幸せそうです。

彼らの行動や言動をスルーするのは簡単ではありませんが、彼らの言動にイラっときたら、自分を俯瞰的に見るとよいそうです。別の自分になってイラついている自分を見るのだそうです。

あぁ、私イラっとしてる。

そう思うと、ちょっと他人事のように思えて冷静になれます。
特に、仕事ではそうしないと冷静に判断できなかったり、進められなかったりするのでスルーするスキルは重要です。

私の仕事は今、「無理ゲー」な感じで進んでいます。ものすごくハードなスケジュールで関係者は私を含めてみんな無理を強いられています。
そこに飛び込んでくる、バケーション中の上司からの「空気が読めない」メッセージ。本人に空気を読めていない自覚も、悪気もないので、どうにもなりません😑

みんな頑張っているのに、この一言は余計でしょ!
と叫びたくなりますが、そんなものを気にしていたら仕事が進みません。
見なかったことにするしかありませんが、やっぱりイラっとしているあたり、まだまだ修行が足りません💦

スルースキルをアップさせて、少しでも心穏やかに仕事をしたいものです。

スポンサーリンク

仕事, 困った人たち

Posted by Hana