嫌味なメールにぐったり フリーランスのユウウツ

仕事

仕事をしていると、時々、メールが来ただけでユウウツな気分になる相手と遭遇します。こちらが、どれだけ丁寧な対応をしても、相手は、いちいち嫌みな一言をメールに書き加えてきます。
相手は、私が「自分のクライアントをとった」と思っているようですが、そうではありません。

現在進めているのは、ある企業のWebサイトリニューアルです。それまで使っていたサーバーはスペック不足で、アップグレードもできず、サーバーを変更せざるを得ない状況になりました。
ドメインもそのサーバーを管理している会社が管理しているので、コストを削減するには、移管手続きをしなければなりません。

スポンサーリンク

サーバーを引っ越してコストを削減

今、クライアントが支払っている月々の管理費は、大手のレンタルサーバー会社に比べて、かなり高めです。新しいサーバー1年分の費用とドメインの維持費を、1ヶ月分の費用で支払うことが出来ます。スペックも十分なサーバーで、コストも削減できるなら、色々と制限のある古いサーバーに高い費用を支払い続ける理由はありません。

クライアントと話し合った結果、ドメインを移管してサーバーも移転、全ての管理をクライアントの名義で行うことになりました。これで、今まで発生していた中間コストを削減できます。

商売上手な知人には、

どうしてサーバーやドメインの管理をHanaさんがしないの?自分が実権を握って月々何万円か貰えばいいのに

と言われました。

確かにそうなのですが、クライアントはとても良い方々で、どうにもぼったくる気になれません。
月々、私がしなければならない作業があればそのようにしますが、月1000円に満たない実費に手数料を加えて、月々何万円も請求するのは、なんだかなぁ、と思うのです。そもそも、コスト削減のためにクライアントが更新できるタイプのWebサイトに作り変えるので、私がぼったくったら本末転倒です。

嫌味な一言は、仕事を取られたから?

そんなこんなで、サーバーを管理している会社に、現状のサイトデータとドメイン移管のための情報を貰わなければなりません。
今まで、同じようなケースはありましたが、問題なくそれは行われてきました。

けれど、今回の場合は、とてもストレスがかかる仕事になってしまいました。相手が大手のレンタルサーバー会社ならすんなりできることが、個人の会社の場合、そうはいかないようです。
その会社のNさんは、どうやら私が仕事をとったと思っているようで、メールのやり取り1通1通に、刺のある嫌みな言い回しを添えてきます。

その一言、いらないし

と思います。

私が営業をかけてとった仕事ではなく、クライアントが不便を感じて、私のところに来た仕事ですし、そもそもスペック不足でそこのサーバーを使えないのです。私はスペックさえ満たせばそこのサーバーをそのまま使う予定でした。ドメインやサーバーの移転は面倒臭いですし、移転するのはNさんに申し訳ないとも思ったからです。
けれど、サーバーはアップグレードできず、対応も遅いので「お話にならなかった」のです。

昔の私なら、嫌みの1つも返したでしょうが、今の私は、嫌みな一言は見なかったことにして、失礼のないよう細心の注意を払って返信をしています。相手は、私のことを「嫌味も通じない」と思っているのでしょう、いちいち私の神経に障る一言を添えてきます。

正直、今はストレスでうんざりしていますが、移転することにしてよかったと思っています。もしも、そのままのサーバーで運用を続けることになっていたら、私はずっとこの会社と付き合わねばならなかったからです。

移転先の会社は、サポートもしっかりしていますし、個人レベルの感情で仕事に影響が出ることもありません。

早く移管作業を済ませて、ストレスから解放されたいです。

スポンサーリンク

ストレス, 仕事

Posted by Hana