たった一度の人生、幸せになることを諦めない

シングルのユウウツ


心が重くて、生きることが辛くてどうしようもない時があります。それは度々私のところにやって来て、私を苦しめます。まさに、今がその時です。きっかけは、いつも些細なことです。
心の中には、将来への不安や、孤独、恐怖、色々なものがあります。いつもはその上に蓋をしているのですが、まだまだ不安定な私の蓋は、「些細なこと」でひっくり返ってしまいます。

スポンサーリンク

不安と孤独の箱がひっくり返る時

誰かが言った言葉や、目にするニュース、周りの人たち、そこから感じる「孤独」「不安」「疎外感」などを、私は心の奥にある大きな箱の中にしまい込みます。それは、どんどん溜まっていって、ある日、「些細なこと」で溢れ出して、箱はひっくり返ります。

そうすると、私の心の中は不安や孤独に支配されて、どうしようもなくなります。心の中に溢れて広がった「孤独」や「不安」を何とか収めようとするのですが、それは簡単には元の箱に戻ってくれません。

職場では笑顔で仕事をしながら、心の中では孤独や不安と戦い続けています。
あまりに心が辛い時は、弱い「抗不安薬」を飲んで仕事に出かける時もあります。

不安と薬

私は二度目の離婚をした時に、「うつ状態」になりました。一番ひどかった時は、心療内科に通い投薬治療も受けました。
知人は「たかが離婚で、辛いからって、安易に薬に頼るのは良くない」と言いましたが、私にとって「毎朝、悲しくて泣けてくる」「毎日死にたいと思う」事が、普通だとは思えませんでした。そもそも、離婚の辛さを知らない知人には、理解できない苦しみです。
ベッドから起き上がれなくなる前に、何とかしなければ仕事まで失って、生活が立ちいかなくなります。「薬を飲んででも」仕事は続けなければなりません。

今は、もう「抗うつ薬」は処方されてませんが、いわゆる「抗不安薬」「入眠剤」は処方してもらっています。それは、毎日飲むものではなく、どうしても眠れない時や、不安感でどうしようもない時だけ飲むものです。

心の中の箱がひっくり返った時は、仕事を終えて、家に戻ると、心も体もぐったりです。しなければならないことや、やりたいことがあるのに、それをする事ができません。ただ、ただ心が重く、苦しく、やる気も出ないのです。
これは、経験した人にしか理解できない苦しみだと思います。

自分を救う「魔法の言葉」

今、私はこの記事を書いていますが、何とかやる気を出したところで書いています。
薬を飲むほどではない時、私は自分を救い出す「魔法の言葉」を持っています。

最初は、辛くて苦しくて、泣いてみたり怒ってみたり、色々な思いを吐き出すのですが、一通り吐き出した頃に、私は自分に問いかけます。

あきらめるの?
一度きりの人生を、諦めるの?

そうすると、私は

一度きりの人生、幸せになるのを諦めたくない!

と答えてしまいます。

普段、少しだけ落ち込んだ時なら、「私は負けない!」と言う言葉でやる気が出ることもあります。「負けない」と言うのは、周りの言葉や行政の扱いに対して、そして、何より自分自身を信じ、自分の弱さに負けないという意味です。どんなに辛くても、苦しくても、孤独でも、「私はこの人生を生き抜く!」という強い言葉です。

どちらも、鏡に映る自分に向かって言います。

そして「魔法の言葉」が効かない日が続いた時は、諦めて、かかりつけの心療内科に行きます。少し医師に話を聞いてもらったあと「大丈夫だから」と言ってもらうと、それだけで心が軽くなる時もあります。多分、医師と相性が良かったのだと思います。

2ヶ月に一度くらい行くので、私の中ではそれを「電池切れ」と呼んでいます。

人の心も、やっぱり、ずっと頑張っていると、どこかでエネルギーが切れてしまうのだと思います。
軽いエネルギー切れは「魔法の言葉」で充電できますが、あまりに消耗するとそれも効かず、ぱったりと電池切れになります。

今回、心の中の箱がひっくり返った原因は、以前記事にした英国人の友人に恋人ができたことや、仕事で会った女性が、あまりにもキラキラしていて(理解のある夫と子供がいて、仕事も成功している)、自分が惨めになってしまったことでした。
私は、離婚の苦しみも乗り越えて、仕事でもプライベートでも、こんなに頑張っているのに、ちっとも幸せはやってこない。なのに、彼女は「夫がちょっと協力してくれたら、上手く行っちゃったんです」なんて、人生不公平すぎる!と。

でも、よく考えれば、新しい仕事をもらえたりして、ほんの少しですが、私も進歩していますし、楽しい時間を過ごせる時もあります。
結局、私もまだまだ「自分基準の幸せ」を確立できていません。

たった一度の人生、私は幸せになることを諦めない

そう、私は生きている限り、幸せになることを諦めません。

スポンサーリンク

シングル, 幸せ, 孤独

Posted by Hana