国際結婚から国際離婚 夫の女友達(1)

離婚ストーリー


外国人の元夫には、”Best Friend”の女性がいました。
私は、彼が離婚をしたいと言った本当の理由は未だに分かりませんが、彼女が理由のひとつにあると思っています。

スポンサーリンク

“Best Friend”という名の女

インドネシア人のJenは元夫と同じ年で、Jenが夫の国の大学に留学していた頃に親しくなったと言います。彼女はお金持ちの家の生まれで、留学していた頃は高級アパートメントに住み、何百ドルもするデニムを平気で購入していたと言います。

元夫が、私と結婚することをJenに知らせた時に、とても怒ったそうです。Jenは、自分があなたの恋人になりたかったとか、愛しているとか、そんなことを言ったそうです。
そんな出来事から、数日経った日、見知らぬ差出人からメールが届きました。よくよくその差出人の名前を見てみると、それは元夫の”Best Friend”のJenでした。

結婚を阻止したい女友達

英語で書かれたそのメールには、自分がいかに元夫を愛しているか、どれだけの友情で結ばれているかが書かれていました。そして、最後に「どうか、私の愛する彼を幸せにして。このメールのことは彼に伝えても伝えなくてもいい」とありました。

私がずっと年上だと知っているJは、私に直談判に出たのです。
Jenのシナリオは、

年上の私が、Jenの気持ちを知って身を引く
元夫が、こんなにも自分の幸せを願っているJenの愛情に心を動かされて結婚を止める

だったのだと思います。

だから、「メールを彼に見せても見せなくてもいい」と、私が元夫に見せたくなるような一文を添えたのでしょう。
けれど、Jenがどうやって、私のメールアドレスを知ったのか、それが気になりました。元夫が教えたとは思えませんでした。

私は、元夫に「このメールアドレス知ってる人?」とJenのメールアドレスを見せました。すると、彼は少し驚いて、「Jenのものだけど、どうして知ってるの?」と言うので、件のメールが来たことを言いました。

あなたがどうするかは、あなたが判断して

と私は言いました。

続いていた元夫と女友達

彼はその後、彼女と話したようですが、とても怒っていて「もう彼女とは絶交だ」と言っていました。私のメールアドレスは、Jenが元夫のHotmailのアカウントに不正アクセスして手に入れたようで、私と元夫とのメールのやり取りも全部盗み見ていたようでした。
簡単に推測できるパスワードを設定していた元夫にも問題はありますが、不正アクセスして人のメールを盗み見るJenに私はとても強い不快感を持ちました。それまで、元夫から”Best Friend”であるJenの事を聞くたびに「私も仲良くなれるかな?」なんて思っていたのに、それはあり得ないことだと確信しました。

「絶交」したはずのJenと、まだ連絡を取り合っていると分かったのは、結婚してから数週間後でした。元夫が開きっぱなしにしていたラップトップの画面に、彼女からのメッセージが表示されていたからです。
偶然目にしてしまった、そのFacebookのチャット画面には”I still love you”とありました。元夫はそれに対して、その気持ちには応えられない、と言うようなことを返していました。

私は元夫に、Jenとは連絡を取っているのかと聞くと、歯切れの悪い返事。友達が多くない自分に取っては、大事な友達だと言うのです。元夫は、「Jenは今も色々と言ってくるけど、彼女に特別な気持ちはない」と言うので、その時の私は、それを信じるしかありませんでした。

けれど、その2年後、彼女が離婚理由のひとつになるのです。

スポンサーリンク

2017年10月2日国際結婚, 国際離婚

Posted by Hana