「かわいい」は最強か?

雑感

外国に「かわいい文化」と紹介されるほど、日本人にとっては当たり前で重要な「かわいい」と言う言葉。英語にはぴったり来る言葉がないようで、"Cute"は日本語の「かわいい」という意味とは少し違うようで、海外でも"Kawaii"という単語が使われています。

スポンサーリンク

みんな大好き「かわいい」と言う言葉

1日のうちで「かわいい」という言葉を聞かない日は、おそらくないと思います。街中でもテレビでも、女性は「かわいい〜!」と言う言葉を連発しています。
確かに、「かわいい」ものはかわいいですが、何でもかんでも「かわいい」という反応が返ってきます。ブルーベーリーいっぱいのケーキを見ても、繊細なレースがノスタルジックな洋服を見ても、キラキラ輝くアクセサリーを見ても、カラフルな絵を見ても、判で押したように「いやぁ〜、かわいい〜!」と言う言葉。

「かわいい」という言葉以外のボキャブラリーがないのか?と思ってしまうくらいです。ついつい心の中で「それはかわいいとは違うんじゃないの……」と思ってしまったりします(^^;)

最高の褒め言葉は「かわいい」?

私が「流れるような美しいブルー」と思って買ったブルーのスカートは、私の感覚では「クール・ビューティー」ですが、そのスカートを褒められる時は「かわいい!」と言われます。フリルがついているわけでもなく、ブルーがグラデーションになったシンプルなロングスカートです。甘い要素があるとしたら、フレア気味で風にふわりとなびくところですが、それが「かわいい」のでしょうか?

今まで、私は誰かの洋服や身につけているものを褒める時に「素敵な柄のワンピースだね」とか「その色すごく似合っているね」などと言っていましたが、特に自分より若い女性には「かわいい」と言った方が良かったのかなと思いました。

かわいいことは良いことだ

日本人にとって「かわいい」ことは最重要で、女性が「かわいくなりたい」のは言わずもがな。同世代の女性ですら「かわいくなりたい」と言います。ほとんどの女性にとって「かわいい」と言うのは、最高の褒め言葉なのでしょう。
そもそも「かわいい」という言葉はどんな意味なのでしょう?

[形]《「かわゆい」の音変化。「可愛い」は当て字》
1 小さいもの、弱いものなどに心引かれる気持ちをいだくさま。
2 ほかと比べて小さいさま。
3 無邪気で、憎めない。すれてなく、子供っぽい。「生意気だが―・いところがある」
4 かわいそうだ。ふびんである。

出典:デジタル大辞泉より抜粋

小さいものはかわいい、と言うので思い出すのは、清少納言の『枕草子』です。
『うつくしきもの』の章で、「なにもなにも、小さきものは、皆うつくし」と書いていて、ここで言う「うつくし」というのは「かわいらしい」と言う意味です。小さくて幼いものが「かわいらしい」様を清少納言が書き綴っています。日本人の「かわいらしい」は平安時代からずっと変わらないもののようです。

けれど、清少納言が書いている「かわいい」ものは、小さいもの(物、動物など)で、何でもかんでも「かわいい」と表現する現代とは違っています。

言葉は時代とともに変わっていきますが、一体、現代の「かわいい」の守備範囲はどのくらいなのでしょうか?

結局「ぶりっ子」が勝利するのか?

女性の多くが「かわいい」ことに拘るのは、日本人男性の多くが「幼くて若い女性」「守ってあげたくなる女性」が好きだからではないかと思います。大きめのカーディガンの袖から指先を覗かせ「うふふ、これ大きくって」なんて言っている女性を、男性は「小さくてかわいくて守ってあげたい」と思うのかも知れません。
多くの女性にとって「結婚」は幸せのシンボルです。「かわいい」はそれに結びつく言葉でもあるのでしょう。

ずっと昔、私がまだ若かった頃、男性の前に出ると態度が180度変わる知人女性がいました。いわゆる「ぶりっ子」です。彼女は当時私が付き合っていた男性に目をつけ、見事に略奪していきいました。男性が別れ際に私に言った言葉は、

Hanaは一人でも生きていけるけど、彼女は俺がいないとダメなんだ

でした。

……彼女の方が、よっぽどたくましいんですけどー!

と彼女の正体を知っている私は思いました。なぜ、男性はこんなにも簡単に女性の「ぶりっ子」に騙されてしまうののかと呆然としました。

他にも、40代になってから「ぶりっ子」で男性をつかまえて結婚した知人もいます。彼女は私に

Hanaちゃんも、女の子ぶりっ子しないと再婚できないよ!

と言いました。

冗談で言っているのかと思ったら、彼女は本気の様でした。(ひぃ〜!)

その知人は、「結婚してから旦那がびっくりしてるわー、結婚前と違うって。もう子供もいるし逃げられないよ」と笑っています。
彼女の言う「ぶりっ子」は乙女な自分を演出する事だったのでしょうが、やや童顔の彼女がそうするのは効果的だったのかも知れません。私がやったら、ただの「気持ち悪いオバさん」です。

やっぱり、結婚や恋愛の場では「ぶりっ子」が勝利するのでしょうか?

スポンサーリンク

かわいい, ぶりっ子

Posted by Hana