男は若い女が好き 女性の価値は「若さ」で決まるの?

シングルのユウウツ


日本ではどんなシーンでも「若い」と言う言葉が登場します。とりわけ女性に関しては「若さ」が一番重要視されていて、若くなければ価値がない、と言わんばかりです。
年を取っているのは「みっともない」だとか「恥ずかしい」と言う人がいますが、それは何だかおかしな事だと思うのです。なぜ、年を取るのがみっともないのでしょうか?

スポンサーリンク

女の価値は若さで決まる?

広告やテレビコマーシャルでも、アンチエイジングの化粧品を取り上げそこに登場する女性が「みっともないシミが」とか「みっともないシワ」がと言っています。果ては「シミやシワが死ぬほどの悩み」と絶望感や悲壮感をアピールしています。そこに写っているのは、ごく自然なシワやシミです。

50歳を過ぎているのに、20代の若さと比べて落ち込んだり、それを目指すのは無理があるのではないかと思うのです。個人的には年齢を重ねてできた自然なシワやシミは、決して「みっともない」ものでも「汚い」ものでもないと思います。

オスとしては正しい「男性は若い女性が好き」ということ

「若くなければ女性としての価値がない」と言って憚らない人は、その理由を「子供を産めない年齢」だからと言います。女性の価値は「子供を産めるか」だけで決まるのでしょうか?

特に、日本の男性は若い女性が好きです。私だって鑑賞するならくたびれたおじさんよりも若い男性の方がよいですが、それはあくまで「鑑賞用」で、20代の男性と結婚したいとは思いません。けれど、男性は40代、50代になっても「結婚するなら20代」と言います。年配の女性が若い男性を褒める時、そこに性的な関心や下心はない人がほとんどでしょう、けれど、男性の場合はそこに性的な関心を持っている人が結構いるように感じます。

それは、「子孫を残したい」と言う本能を持つ「オス」としては正しいのでしょうが、同世代の女性を「オバさん」と言って、見下した態度をとる男性は「人間」としてはどうなのだろうと思います。

女の一番の武器は「若さ」

日本と言う国は、「若者」「家族」「カップル」「高収入のシングル」で構成されていて、メディアもそれらを対象にしています。そこに普通以下の中高年シングルは存在しないのです。行政も「家族」「夫婦」単位の考え方で、中高年の低収入シングルに対しては「怠けていたアンタの責任」と言わんばかりです。特に、女性は男性よりも収入が低いので、一生懸命働いても生活は苦しくなりがちです。

女性は一番の武器である「若さ」を失う前に、良いパートナーを見つけるか、一生食うに困らないだけのスキルやキャリアを身につけるしかありません。歳をとって「若さ」も「キャリア」も「夫」もなければ、特に、この日本では「理不尽」な扱いを受けることになります。

職場で求められるのは能力よりも若さなのか?

私が大学を卒業して仕事に就いた頃は、まだまだ女性社員は「女の子」扱いで、求めらるのは能力よりも「若さと愛嬌」でした。
「結婚して退職」それが暗黙のルールだったのは、田舎の会社だったからだけではないと思います。
今は、多少はマシになったのかも知れませんが、未だに「事務員は若い女の子じゃないと」と言う男性もいるので、男性の本音は「ババアの事務員はいらない」なのかも知れません。

そうえいば、アジア系の航空会社のキャビンアテンダントも、若い女性ばかりだったと思います。体力的な問題もあるのかもしれませんが、国際線に至っては私の知る限り若い女性ばかりでした。それに対して、欧米の航空会社はベテランと思われる女性や男性のキャビンアテンダントが、当たり前のように乗務していました。

ずっと昔、キャビンアテンダントを「空飛ぶホステス」と呼ぶ人がいたようですが、そんなところからも「若い女性」が望まれるのでしょう。そういえば、某国の国際線の機内で「スッチーがババア」と吐き捨てるように言った日本人男性がいましたっけ。

男性目線の価値よりも自分の力で輝きたい

アメリカ人の友人曰く、「自分の国では年齢で女性をバカにするなんてことはない」だそうです。年齢を重ねた男性も女性も、年齢を重ねた魅力があると言うのです。

確かに、アメリカなどでは年齢関係なく恋愛や結婚の話題がでます。私より年上のシングル女性も若い女性と同じように恋愛の話をし、結婚の話をします。けれど、日本では中高年の恋愛や結婚に対してはネガティブな反応が多く、「いい歳をしてみっともない」とか、当事者自身も「こんな歳だから」と言ってしまいがちです。

恋愛や結婚だけでなく、何に対しても「若くないから」と言います。

それは、とても残念なことだと思います。「若さ」だけが女性の価値ではありません。子供を産めない年齢だから価値がないなど、とても失礼です。そもそも、女性の価値を「男性目線」で判断しているからそうなるのではないでしょうか?「男性から望まれなければ、女性としての価値がない」と言うことです。

確かに、若いことは良いことです。若者はキラキラと輝いていて、本当に素敵です。男性に望まれ愛されるのも素敵なことです。けれど、若さやパートナーがなくても、人生は自分自身の力で輝けるはずです。
私は、若くなくても、パートナーがいなくても、自分自身の力で輝きたい、そう思います。

スポンサーリンク

2017年8月27日シングル, 幸せ, 女性の価値, 若さ

Posted by Hana