大人の女性の電車内メイクは見苦しいを通り越して痛々しい

ファッション・美容と健康

メイク用品

最近、私の通勤時間や路線のせいなおか、それとも電車内メイク自体が減ったのか、電車内メイクに遭遇する機会が減った気がします。以前はすっぴんで乗り込んできて化粧水から始める人や、アイプチをする人など、結構な強者がいました。
隣で粉が飛んできたりしない限りは、ビフォーアフターが面白くて、彼女たちの顔面工事過程をこっそりチェックしていたりしました。

スポンサーリンク

みっともないレベルではすまない電車内メイク

私自身はリップクリームを塗る程度なら許容範囲ですが、電車内のメイクは「みっともない」ことだと思っています。確かに顔面工事過程を見るのは面白いですが、電車内メイクに賛成はできません。
メイクは、公衆の面前ですることではないと思うことです。身だしなみを整えるのは出かける前に、家でしてくるものだと思います。

さて、若い女性の車内メイクは遭遇率が減ったものの、遭遇率が上がったのが中高年女性の電車内メイクです。
先日も、60代半ばと思われる女性が、下地から始まり、コンシーラー、ファンデーションを塗り……、と始めたのにはびっくりしました。それはもう「みっともない」レベルではありません。

化粧をするときの顔って、結構な「変顔」になりますが「変顔」で済まされるのは若い女性までです。
公衆の面前で、顔のくすみやクマをコンシーラーでカバーしているのは、もう痛々しいとしか言えません。件の女性も目元のクマをカバーし、口元のシワを伸ばしたり横を向いたりしながらファンデーションを塗り、シェーディングまでしているのが視界に入ったときは、ギョッとしました。

正直、すっぴんで電車に乗って来られるなら、そのままでいいじゃない、と思います。

大人の女性の車内メイクは痛々しい

ファンデーションをあんなに塗りたくって眉毛を書き足しただけの彼女の顔は、残念ながらそれほど変化はありません。
テレビショッピングで売られているファンデーション並みに、彼女の肌が変化したなら「あのファンデーションはどこのだ?」と別の関心が生まれるかもしれませんが、彼女はただの「痛々しいくらいにみっともないおばあさん」でしかありません。
せめて、血色がよく見えるリップカラーでも足せばいいのに、と思ったくらいです。

アラ還をとっくに過ぎたと思われる彼女に「羞恥心」はないのか?と思います。若い女性たちが電車内でメイクしているのを見て「若い人がやっているから」と思っているのでしょうか?

40代から50代の女性が電車内でメイクしているのも時々見かけますが、あれは本当にみっともないです。単にだらしないだけなのか、若い人の真似をしている気になっているのか……。

化粧をした後も、彼女はコートの下のブラウスのリボンを結んで、色々な角度からコンパクトの鏡でチェックしていました。一体、身だしなみに気を使っているのかいないのか……。

若くても若くなくても、電車内のメイクがみっともないのは変わりません。ただ、若い女性よりも年齢を重ねた女性がやると救いようがないのです。若いぴちぴちのお肌にメイクをして行く過程を晒すのと、シミやくすみを隠して行く過程を公衆の面前に晒すのは全く違います。後者は、ただ痛々しいだけです。
シミやくすみを隠す工程を晒すなら、いっそ、シミやくすみのあるお肌を堂々と見せていた方がずっと潔いと思います。

スポンサーリンク

中高年女性, 困った人たち

Posted by Hana