キャバクラ?「セクシー個室ヨガ」の疑問

困った人たち

このところ、世間ではセクハラだのセクシー個室ヨガだの、そんな話題が多くて「男の脳みそは下半身をコントロール出来んのか!」と思います。社会的地位も分別もあるであろう大人の男性が、一体何をやっているのかと呆れるばかりです。
実家で久しぶりに見た朝の情報番組で、林文科相の「セクシー個室ヨガ」事件についてを放送していました。昼間から公用車で通っていたと言うヨガスタジオの女性経営者が「文春」の記事に怒り心頭だと言うのです。

スポンサーリンク

なんだか違和感を感じるヨガスタジオ

事実と違う事を書かれたら、そりゃそうだろう、と思いましたが、彼女のインタビュー映像を見て、ちょっと違和感を感じてしまいました。私もかつて、ヨガのレッスンに通った事があります。ジムのヨガクラスだったり、ヨガスタジオだったり様々ですが、そこで見たヨガインストラクター達と彼女は、随分印象が違いました。

元グラビアアイドルと言うだけあってきれいな方ですが、正直、ヨガインストラクターと言う印象ではありません。セクシーな体型で、やっぱり「元グラビア」と言う感じです。
彼女は、受講者とインストラクターが個人的に連絡先を交換する事を認めていて、仲良くなればご飯に行くのは普通、なんて言っていましたが、どう考えてもそれは「普通のヨガスタジオ」ではありません。

ご飯に行った時の支払は割り勘?それとも男性?なんて思ってしまいました😅

確かにいかがわしい店ではないのかも知れませんが、スタッフの事を「うちの女の子」なんて呼んでいては「キャバクラシステムのヨガ」と言われてしまっても仕方ないような気がします。

女性はグループレッスンなのに男性はプライベートのみで、レッスン料も3倍以上。そして、マッサージ付き。インストラクターは若くてきれいな女性ばかりで指名も出来るらしいです。

シャヴァーサナのあとにマッサージをする疑問

インタビューの中で、ヨガレッスンの後には、ヘッドスパとハンドマッサージがついていることがアピールされていましたが、私はそれが、ものすごーく疑問でした。普通、ヨガの最後は仰向けに寝そべる「シャヴァーサナ」(屍のポーズ)です。心と体をリラックスさせるポーズで、ヨガの締めくくりとも言えます。この後にマッサージだなんて、ヨガの意味ないんじゃないの?と思いました。そもそも、シャヴァーサナをやっているのかも謎。

その番組のコメンテーターの方も同じ事を言っていましたが……。
シャヴァーサナで終わらないヨガなんて、私には、もはや何が目的のヨガか分かりません。

それとも、シャヴァーサナで締めくくらないパターンのヨガもあるのでしょうか?10年近くヨガに通っていましたが、私はシャヴァーサナで終わらないヨガに遭遇した事がないので分かりません。

個人的な連絡先交換はキャバクラ的システム

林文科相も、健康増進のためならジムに行けばいいのに、なぜ誤解を受ける「個室ヨガ」に通っていたのか疑問です。女性と一緒では恥ずかしいとか、やり辛いというなら、男性インストラクターのヨガクラスがいくらでもあるでしょうに。
彼は、その「個室ヨガ」に誰かの紹介で行ったらしいですが、一体誰に紹介されたのか、と思います。もしや、他の官僚や政治家たちも「個室ヨガ」に通っているのでしょうか?

男性ウケする可愛いインストラクターを揃えたり、指名出来るシステムで、「男性をターゲットにしたヨガスタジオ」。元グラビアだからこそ出来るスタジオでしょう。けれど「誤解」を受けるようなシステムは避けた方がよかったと思います。

インストラクターと受講者が個人的に連絡を取り合う事が出来るなんて、まるでキャバクラです。トラブルを避けるために普通なら禁止されている項目です。万が一、インストラクターがつきまといなどの被害にあったらどうするのでしょう?

他店との差別化を図ったのかも知れませんが、経営者としてスタッフを危険に晒しているとしか思えません。「可愛いインストラクターと個人的にやり取りも出来てご飯にも行ける」ことを売りし、受講者の要求があったら連絡先を交換せよ、食事にも付き合う事、というルールが出来ていたとしたら、それは「キャバクラヨガ」と言われても、仕方ないでしょう。

正直なところ、ホームページのインストラクター紹介ページは、まるでキャバクラみたいだな〜、と思ってしまいました。

スポンサーリンク

困った人

Posted by Hana