一人で生きる覚悟 孤独という名の恐怖

マイライフ

海辺の女性

父が脳出血で倒れ、一時はとても危険な状態だったのですが、今のところ状態は安定しているようです。けれど、もう意識が戻ることはありません。私も弟も、長丁場になるかも……、と考えると苦しいところです。
ただ息をしているだけで生きているということは、倒れる前の父が望んではいなかったことで、きっと本人にとっては大きな誤算だったかもしれません。本人に意識がないことが救いではないかとも思います。寝たきりになるのは本人が一番嫌だと言っていたので、(きっと)何もわからないことが唯一の救いです。

症状が安定しているので一旦アパートに戻りましたが、色々とやりきれない気分です。
これからの父のケア、仕事の調整、生活のこと。
そして、自分が孤独だということ。

スポンサーリンク

私だけが一人なのか、とすら思う

両親がこの世をされば、親戚を除いて、身内は弟だけです。弟も独身ですが、こんな状況になって「もしもの時に連絡して欲しい人がいる」と長年の付き合いだという女性を紹介されました。
とても良い人で、何よりも弟にそんな女性がいたというのが、とても嬉しかったです。

けれど、私は自分が孤独だということを思い知らされました。
そして、私は一人で生きる覚悟をしたつもりだったのに、やっぱり一緒に人生を過ごす人が欲しいのだな、とも思いました。
我ながら、諦めの悪さに笑うしかありません。

弟と彼女と3人で食事に出かけたのですが、彼らはとても仲が良くて信頼し合っているのがよくわかりました。彼女の飼っている犬も弟になついていて、はたから見ればペットを連れた夫婦に見えます。
弟は、彼女とワンコを連れてなんども旅行にも行っているようでした。いいなぁ、と思いました。

弟が一人ぼっちにならなくて良かった!と思いながら、私だけが一人ぼっちなのか、と感じてしまいました。

飲まなきゃやってられない気分

わたしは、「もう、飲まなきゃやってられない」気分になってしまいました。普段家では飲まないのですが久しぶりに缶ビールを1本飲みました。飲んだって、孤独が癒されるわけでもなんでもないのですが……。

母がいなくなった悲しさ、父もこの世をさろうとしている辛さ、そして孤独。

私も誰かそばにいてくれる人が欲しい、食事や買い物を一緒に楽しめる人がいたら、辛い時に話せる誰かがいたら……。

一人で生きなければならない私の、最後の悪あがきなのかもしれません。この苦しい時期を乗り越えたら、もっと楽になるのかしら?

ストレスと色々な感情と、久しぶりに飲んだビールのせいか、泣けてきてしまいます。母がいない寂しさも、今頃やってきた感じです。

私は何も持っていないわけでも、不幸なわけでもありません。
生活はきついですが、なんとか生きていけるだけ稼げています。コツコツと貯金すれば欲しいものを買うこともできました。楽しいことも趣味もあります。
けれど、私には深い孤独感がついて回ります。払っても払っても、私にまとわりついてくる感じです。

思うのは、私はいじめられっ子で決して楽しいことばかりの子供時代ではありませんでしたが、両親はたくさんの愛情をくれました。そんな愛情を知っているから、私は今、より強く孤独を感じているのだと思います。それは、幸せなことですが、辛いことでもあります。

これからの生き方を、私は本当によく考えなくてはなりません。
どうやって自分の孤独と向き合い、それを受け入れて生きていくのか、どうやって力一杯人生を楽しむか……。

せめて、もう少し稼げるようになって、猫と暮らせたらなぁ、と思います。

降参するしかないストレス

明日から通常業務が始まります。いつ何時、また仕事を休まなければならない状況になるかもしれないので、その調整をしなければなりません。その都合がつけば、少なくともひとつは私のストレスが減ります。
考えて解決できることは、ひとつひとつクリアしていくしかありません。
そして、どうにもならないことは、もう諦めてストレスに飲まれているしかありません。

今回は、相当なストレスがかかっているようで、度々、目眩や動悸がやってきます。私ってこんなに精神的にデリケートだったけ?と思いながら、そんな時は無理せず、処方された安定剤を飲んでやり過ごすのが一番です。
少なくとも、お酒を飲み過ぎるよりは健康的な気がします……。仕事があるので飲み過ぎてもいられないし😅

2度目の離婚も辛かったですが、その時とはまた違った辛さがあります。ストレスの度合いでは今の方が強いかもしれません。
今のこの時を乗り越えれば、きっと大丈夫、そう思いたいです。

久しぶりの我が家(アパート)、友達が送ってくれた猫番組のDVDでもみて癒されようかと思います。

スポンサーリンク

一人で生きる覚悟, 父のこと

Posted by Hana