ハンドメイドのユウウツ再び 人に何かを頼む時のマナー

困った人たち

ボタンの写真

私が副業としてやっているハンドメイド作品の制作で、困った知り合いがいます。彼女は予算も言わず一方的な要求ばかりするので、私はうんざりしていました。前回の作品を作った時に「これは本来の仕事じゃないから、もう作らない」と念を押しておきましたが、まるで通じていなかったようです。

先月も、彼女は私を見つけるなり「あっ、いた!ちょっと待って!」と言いながら、駆け寄ってきました。何事かと思っていると「これで◯◯と◯◯をよろしく」と、大きな紙袋を私に押し付けてきました。

スポンサーリンク

押し付け注文にうんざりする

私は、びっくりしながら「ちょっと待って、何の話?何も聞いてないし、もう作らないって言ったよね」と言いましたが、彼女は「お願い!暇な時でいいから!ねっ、ねっ!」と譲りません。なんの前触れもなく、いきなり「お願い」と言われても困ります。これは「お願い」レベルではなく「押し付け」レベルです。

仕事なんだから作れば?と言われそうですが、そもそも、彼女が私に依頼してくるのは、私の本業ではないものです。
例えば、洋服を作っているとしたら、余った布で小物やアクセサリーを作るという「副産物」的なものです。私は基本的に、それを仕事として行なってはいません。
けれど、私がそれを作れると知った彼女が「欲しい!」と言い出し、「今回だけ」と特別に作った経緯があります。
私が何度も「もう作らない」と言っても、それを無視して「作って当たり前」と言う態度で注文を押し付けた上に、わがまま放題なので「彼女の依頼」は引き受けたくないのです。

「いくらでもいい、でもお金ないから」って?

2度目の依頼があったのが前回記事にした「できるだけ安く、でも安っぽいのは嫌」事件です。散々追加の注文やわがままを言って私をうんざりさせた彼女。

他人の都合など何も考えていない彼女には、どうやら「断る」と言う手段が通じないようです。その上、人にものを頼む時のマナーが欠落しています。他の人はみな、依頼をしてくれる前に「◯◯をまた作って欲しいんだけど、お願いできるかな」と都合を聞いてくれます。そして、ちゃんと予算と希望のデザインなどを言ってくれるので、作品の仕様や費用をお互いに確認してから制作することができます。

彼女も、最初に「今度、手持ちの材料で作って欲しいものがあるけど、頼める?」と聞いてくれていたら、随分と印象が違っていたと思います。

けれど、彼女は何の打診もなく、突然、自分で調達した材料だけを押し付けた上、予算もデザインの希望も言いません。ついつい、イラッとしてしまった私は「できるだけ安くとかは無理!いくら払えるの?」と、ややキツめに聞きました。それでも彼女は予算を言わず「いくらでもいいけど、私、お金ないから!」と意味不明な答え……。

一体、どうしろと?

材料を自分で用意して私のコストと手間を省いたつもりなのでしょうけれど、いきなり材料を用意されても、それに合わせる副資材を新たに調達したり、選ばなければならないので、余計に手間がかかります。

便利屋にされるのは、まっぴらごめん!

何よりも、彼女は「作ってくれて当たり前」と思っています。「あなたもお金になるじゃない、だから作ってよ!」という態度なのです。払ってくれるお金が正規の値段かそれ以上なら、態度の悪いお客様にも我慢ができますが、彼女の場合「できるだけ安く」なので、どうしようもありません。

いつだったか、私が他の人の物を「ちょこっとお直し」をした時のこと、そのやりとりを見ていた彼女が「この人、本当に役に立つよね!便利!」と言いました。

……便利って、バカにしてるの?😑

と思いましたが、それが彼女の本音でしょう。
「役に立つとか、便利とかって言うのやめてくれない?」と言いましたが、「だって、便利じゃん」と。たとえ心の中で「便利」だと思っても、「いつも助かる」と言う言葉にしてくれたら、ずっと印象が違うのに、と思いました。

彼女の「押し付け注文」にユウウツな気分になって、ずっと放置していましたが、そろそろ作って納品し、スッキリしたいところです。今度こそこれが最後。それでも、また依頼してきたら「廃業した」ことにしようか、と思っています😅

スポンサーリンク

困った人

Posted by Hana