GWのユウウツ 女性の友人関係

シングルのユウウツ

連休の谷間、心なしか電車も空いていて、世の中は休みの人も結構いるのだな、と思います。大企業に勤務する知人たちは9連休で海外に出掛けて行きました。職場の人達も、連休中は家族旅行など、色々な予定があるようです。
私はと言うと、特に予定はなく、仕事を前倒しで進めたり、部屋の掃除やブラックホールと化した押し入れの整理などをしようかな、と思っています。

スポンサーリンク

一人で過ごすGW

予定のない私の連休を知っている職場の同僚から、お泊まりBBQパーティーに誘われました。リゾート地の別荘でのんびりと過ごそうと言うのです。ワイナリーも近くにあるから、ワイナリー巡りが出来るよ、と。ものすごーく魅力的だったのですが、私は「残念だけど、親が帰ってこいってうるさいから」と無難な理由をでっち上げ、丁寧にお礼を言って断ってしまいました💦

同僚はきっと、予定のない私を、気遣ってくれたのだと思います。

けれど、BBQパーティーに集うのは、家族やカップルばかり。シングルは私だけです。職場でも毎日、子供自慢や夫自慢、家族自慢を聞かされているのに、それをリアルに見せつけられ続けるのは、ちょっとキツいな、と思ったからです。近所でBBQランチパーティーなら参加したのですが、お泊まりは孤独感が倍増しそうです😅

その上、現地までは半端ない交通費がかかります。お金と気持ちに余裕があれば参加したいところでしたが、残念ながらそのどちらも、今の私にはありません。

1人で生きる覚悟をしたとは言え、まだまだ孤独感は強く、1人で過ごす老後を思うと悲しく不安になります。連休やイベントごとの季節は、家族や夫婦で過ごす人を見ると、改めて「あぁ、私は1人で生きるんだな」と強い孤独を感じます。

この連休、人ごみを避け、1人で過ごしていると、
「私って、一緒に出掛ける友達すらいないのか……」
とがっくりしてしまいます😅

ライフスタイルによって変わる女性の友人関係

私には、程よい距離感の友人はいますが、親しいと言える友人はいません。女性の場合はライフスタイルによって人間関係が変わってゆく人が殆どです。結婚し子供が出来ると、同じ環境の友人と付き合います。殆どの人は遅かれ早かれ結婚し子供を設けるので、同じような環境にスライドして行くのだと思います。

男性の場合は、結婚して子供が出来ても、学生時代からの友人付き合いが続きますが、女性の場合はなかなか難しいように思います。
男性は趣味や仕事の話など、未婚・既婚に関わらず共通の話題がありますが、女性の場合は結婚した途端に、話題は夫や結婚生活の話になる人が多く、共通の話題を見つけられなくなるのです。そして、結婚したとたん「上から目線」になる人も少なくありません。

友人が彼女の夫の愚痴ばかりこぼすので、「色々大変だね」と言うと「うん。大変だよ。結婚していないあなたには分からないと思うけど」と言った人や、結婚生活の幸せを一通りアピールした後、「ごめんね、私ばっかり幸せになって」と言った人……。
お互いにシングルの時は、気の合う楽しい友達だと思っていた人達が、結婚したとたん別の世界に行ってしまったようで、とても寂しい気分になったものです。

つい数年前も、お互いに「高齢シングル」の寂しさや、生活の大変さを知っていたはずなのに、40代後半で、めでたく結婚・出産した友人が「Hanaも婚活しないと寂しい老後が待ってるよ」とか、「子供の成長を見るのってすごく幸せ」というメッセージばかりを送ってくるようになりました。私の人生へのダメ出しか、結婚生活の幸せアピールばかりで、返信するのも面倒になって、私から疎遠にしてしまいました。

とても残念な事ですが、仕方ありません。1人で生きて行くと覚悟を決めつつある今、少しでも心穏やかに毎日を過ごすには、避けられるストレスは避けて通りたいと思います。

まだまだ「自分基準の幸せ」ではなく「他人基準の幸せ」に振り回されている私。何を言われても「私には私の幸せ」と思えるようになりたいです。
そして、友人家族や同僚家族とのBBQパーティーに参加して一緒に楽しめる日が来たらいいなぁ、と思います。

スポンサーリンク

シングル, 女友達

Posted by Hana