更年期のお悩み デリケートゾーンの痒み対策

ファッション・美容と健康

バラのポプリ

お年頃(更年期)のトラブルの一つに、デリケートゾーンの痒みがあります。ホルモンバランスが変わって肌が乾燥するのと同じように、デリケートゾーンも乾燥するのが原因の一つのようです。
普段から、デリケートゾーンの保湿をしていた人はそうでもないかもしれませんが、私と同じく、デリケートゾーンの保湿なんて考えていなかった!という方が多いのではないでしょうか?

デリケートゾーンが痒くなるのは今までもたまーにありましたが、ひどい痒みに襲われたのは、母の葬儀が終わった頃です。ストレスも手伝って体の痒みも出ていた時でした。

スポンサーリンク

デリケートゾーンのかゆみにフェミニーナ

ムズムズし始めた頃は、ミストタイプのフェミニーナを使っていました。今までは、それで痒みは治り、長引くことはありませんでした。
ところが、今回は眠っている間に痒くなって掻いてしまったせいか、朝起きるとアンダーウエアに血がついていてびっくりしました。(ちょこっとですが……💦)

掻いてしまったところが傷になり、フェミニーナがしみる始末。それが痒く感じてうっかり掻いてしまうという悪循環に陥りました。軟膏タイプの方がしみないかと思い、近所の薬局で軟膏タイプを購入しました。

軟膏タイプの方が良い感じです。かゆみも抑えられるような気がしました。

掻き崩してしまった時は

けれど、夜中に痒くなって無意識に掻いてしまい、一向に良くなりません。良くなるどころか、掻いた部分が炎症を起こしてしまっていました。夜中に痒みで起き、フェミニーナ軟膏を塗る……、という日が続き睡眠不足にも陥りました。

婦人科に行こうと思ったものの、時間的に行けるのは1週間後。でも、この痒みはどうにかしたいところです。

フェミニーナ軟膏だけでは、どうにもなりません。炎症を起こしている時に塗るとよいのはステロイド軟膏ですが、皮膚科で処方された体用のステロイド軟膏を塗るのはよい選択とは言えません。
婦人科や皮膚科で、デリケートゾーン用に処方されることが多いのはリンデロンというステロイド軟膏。市販薬で似たようなものがないかと探してみるとフルコートという軟膏が見つかりました。

調べてみると、注意が必要ですがデリケートゾーンに使えるとありました。

薬局でフルコートを購入し、お風呂の後に炎症を起こしている部分のみに塗りました。その日は、やっぱり夜中に痒みで起こされて、痒み止めにフェミニーナを塗りましたが、翌日、赤く炎症を起こしていた部分は落ち着いた状態になっていました。

さすが、ステロイド……。

炎症のあるうちは、シャワーだけでもピリピリとしみていたのですが、フルコートを使って2日目にはそれもなくなり、夜中に痒みで目を覚ますこともなくなりました。

ステロイドは長期使用で皮膚が薄くなったりと副作用があるので、嫌う人が多いのですが、注意して使えば炎症を起こしている部分を鎮めるには良いのではないでしょうか?

私がフルコートを使ったのは、4日ほど。炎症が治まってからもぶり返さないように、数日使いました。その後は、痒みを感じた場合はフェミニーナを塗りました。

今のところ、痒みはぶり返してこないので、経過観察中です。

デリケートゾーンも保湿が必要

今まで、お風呂ではボディソープでデリケートゾーンを洗っていたのですが、どうやらボディソープで洗うのはNGのようです。特に潤いが減ってきたお年頃の肌(デリケートゾーンの)には、洗浄力が強すぎるらしいです。
専用のソープを使うか、痒みなどのある時にはお湯でやさしく洗うだけで良いそうです。

そして、お風呂上がりにはきちんと保湿せよ、とありました。

こちらも専用の保湿ローションが良いようですが、私は顔に使っているキュレルを使いました。少量使ってみて刺激を感じなかったので、よいかな、と。

これからは、デリケートゾーンを含めた保湿もきちんとしなければ……、と思います。

スポンサーリンク

悩み, 更年期

Posted by Hana