コメディドラマでリラックス ビッグバン★セオリーが面白い

海外ドラマ

カラフルイメージ

仕事で疲れた平日の夜に、ちょっとリラックスして楽しみたいときに見るドラマがあります。1つのエピソードが30分と程よい長さで、バカバカしくて笑えるドラマ"The Big BANG THEORY(ビッグバン★セオリー)"です。
アメリカのコメディドラマで、頭はいいけど、世間からちょっとズレたオタクな登場人物が繰り広げるドラマです。

スポンサーリンク

オタク青年たちのドラマ

実は、このドラマ、ほぼリアルタイムで見ていたことがあります。離婚した元夫が好きで一緒に見ていたのですが、当時は字幕も吹き替えもなく英語だけだったので、細かい内容は良く分かっていませんでした。それでも、オタクな登場人物たちの様子が面白くて笑えました。
離婚後、日本語字幕版や吹替版が日本で放送(配信)されているのを知ったのですが、ずっと「元夫を思い出して嫌な気分になる…😑」と言う理由で見ていませんでした。

“SUPERNATURAL"や"WALKING DEAD", “FRINGE"など、結構な数のドラマの続きが気になりつつ、見ることができませんでした。けれど、ここ数年、やっと「嫌な気分を思い出すドラマ」を、嫌な気分にならずに楽しめるようになりました😊

そんな中で、この"The Big BANG THEORY"は、ちょっとした時間に見て笑える楽しいドラマです。登場するオタク青年それぞれのキャラが強烈で、特に幼稚な天才・シェルドンには笑えます。
スタートレックやIT用語などを知っていれば、マニアックネタでさらに笑えます。そんなネタに爆笑しながら、彼らの住むアパートの仲間になりたいとすら思ってしまう私も、かなりオタクなのかもしれません。

字幕版も吹替版も面白い

テクノロジー用語が登場するコメディドラマでは、大抵、字幕や吹き替えが微妙なことが多いのですが、"The Big BANG THEORY"は吹替版でも、字幕でも面白く見られます。字幕で英語を聞きながら見ると、字幕でさらっと訳された部分やカットされた部分も分かったりして更に楽しめます。時間がある時は、吹替版を見てから字幕版を見ると、また一味違った面白さを発見できたりします。

最近では、ものすごく疲れた日にお風呂にタブレットを持ち込み、吹替版で見るのがお気に入りです。(目が疲れてるから😅)

他にもオタク系のコメディドラマはいくつもあるのですが、"betas(ベータス)"や"SILICON VALLEY(シリコンバレー)"も強烈なオタクたちが登場します。特に"SILICON VALLEY"はリアリティのある設定や、有名企業をパロディにしたものなどがあって、IT業界で働く人や、シリコンバレーを知っている人には、笑えるドラマだと思います。でも、私のオタク度とIT業界度が足りないせいなのか、エピソード3つくらいを見て脱落……。なんとなく男性をターゲットに製作されたドラマかな、と思います。下ネタジョークにイマイチ笑えなかった……😅

この"SILICON VALLEY"はAmazonビデオの独占配信らしいです。
(ん?なぜかリンク先のサムネイルが別のドラマの画像になっている怪奇現象が発生……)

英国コメディ"THE IT CROWD"

英国コメディにも"The Big BANG THEORY"のようなオタクが登場する"THE IT CROWD"というドラマがあるのですが、これも私のお気に入りの一つでした。大企業の「お荷物」部署、IT課の2人のオタク社員と、IT音痴の女性上司が登場するコメディで、アメリカのコメディとは一味違った面白さがあります。当時は"The Big BANG THEORY"よりも、英語がわかりやすい気がして、こちらの方がお気に入りでした。

けれど、このドラマ、どこも配信していないのが残念なところ。ちなみに日本語タイトルは「ハイっ、こちらIT課!」で、なんとも微妙なタイトル、と思ってしまいました。日本語版のDVDは、S1しか見つからないし、お値段も高め。
輸入盤DVDがS1~4のセットで安いので買っちゃおうかなぁ、なんて思っています。

何かと、モヤっとする出来事やストレスの多い毎日、数千円のDVDで気分がスッキリするなら安いお買い物かしら?英語の勉強にもなるし。

スポンサーリンク

英語, 海外ドラマ

Posted by Hana