50歳の誕生日を盛大に祝ってみる計画

シングルの幸せ

私は今年で50歳になります。ついこの前、大学を卒業したと思ったのに、あっという間に50歳になる気がします。20代の私に50歳の自分は想像もできませんでしたが、もうすぐ50歳の誕生日です。
毎年の誕生日を、自分ですら忘れていたりするのですが、50歳となると、何だか特別な感じがします。半世紀、辛いことはたくさんあったけれど、頑張って生きてきたなぁ、と。

スポンサーリンク

誕生日、何が欲しい?

今年の誕生日は、1人で盛大に50歳を祝ってみようかと考えています。休暇を取って、ちょっといい材料で料理を作って、シャンパンなんて開けちゃおうかな、と考えています。「50年頑張った自分にご褒美」として、ずっと欲しかったタブレットを買おうかと計画中。(仕事にも使えるし)

いつだったか、職場で「誕生日プレゼントに何を貰いたいか」が話題になっていました。みんなの答えは、ブランドの洋服やバッグ、エステや旅行、ディナーなどでした。彼女たちが私にも聞くので、うーんと考えた後に、

淡いベージュのバラの花束に最新のタブレットが添えられてたら、めちゃ嬉しい!

と言うと、「バラとタブレットなんて、オタクなHanaさんっぽい!」と言われてしまいました。

オタク臭を消すためにバラを添えたけど、無駄だったか……😅
つい、趣味と実益のあるものを思い浮かべてしまう私。サボンのボディケアセットって言っておけばよかった……、なんて。

……ん?この際、サボンも買っちゃう手もあるなぁ。きれいにラッピングしてもらったりして✨

50歳は半世紀生きた記念日

50歳の誕生日なんて祝いたくない、と言う人もいるかもしれませんが、私は50歳だからこそ祝おうと思いました。祝うほど人生が上手く行っているわけでも、経済的に余裕があるわけでもありません。
けれど、「残りの人生を豊かな心で過ごしたい」と言う願いを込めて祝いたいと思います。何よりも、多くの辛いことを乗り越えて生きてきた自分を、労りたいと言う気持ちがあります。

自分にダメ出しばかりしてきた人生、体の不調が出るまで無理をしてきたことに気づきもしませんでした。頑張りが足りないから仕事が上手く行かない、能力が足りないから稼げない、女として価値がないから婚活が上手く行かない……。
世間の冷たい言葉に傷ついた時でさえ、「だから、私はダメなんだ」と思ってしまう始末。確かに、他人から見れば、私は頑張りが足りなかったり、女としての価値が低いのかもしれません。けれど、自分まで「自分にダメ出しばかり」してしまっては、心がばっきりと折れてしまう一方です。

いつだって、出来ることを精一杯やってきたじゃないか。
懸命に生きて来たことを、誰よりも知っているのは自分なのに、「自分が自分の味方」でいなくて、どうするんだろう?と思いました。

心も体も辛い時がありますが、そんな時こそ自分に「頑張ったね」と言いたいです。

これから残りの人生を、前を向いて頑張って生きていくために、人生の50周年記念を「盛大に」祝おうと思います✨
新しいタブレットを買って(サボンも?)、何か新しい目標を立てようっと。きっと、上手くいく!そんな気がします。

スポンサーリンク

シングル, 幸せ

Posted by Hana